2020 中山 AJCC 仕分け予想 オールカマーの再現狙ってスティッフェリオ◎ 穴は長期休養明けサトノクロニクル☆

2020 中山 AJCC 仕分け予想 オールカマーの再現狙ってスティッフェリオ◎ 穴は長期休養明けサトノクロニクル☆

日曜は中山でアメリカジョッキークラブカップ・AJCCが行われます。昨年はシャケトラの復活劇があったこのレース、今年は一昨年のグランプリホース・ブラストワンピースが参戦してきました。馬場もだいぶ荒れて、天気も微妙な中山。なかなか難しいレースになりそうですね。まずは仕分けで力関係をチェックしていきます。

 

【勝ち負け】なし

実力No.1の⑪ブラストワンピースは休み明け。ただでさえ最近は当たり外れのある馬なだけに、盤石とは言えないですね。

 

【嵌まれば一発】③ミッキースワロー⑤スティッフェリオ⑪ブラストワンピース

③ミッキースワローはだいぶ安定してきました。オールカマーを見ても、マクれる中山2200は合いそう。そのオールカマーを逃げ切った⑤スティッフェリオもこの条件はぴったり。メンバー的に再度の逃げもあります。⑪ブラストワンピースは叩いて良くなるタイプだけに、走ってみないとわかりませんが、実力は当然トップ。時計のかかる馬場も本来なら合うはず。

 

【安定型】⑨ニシノデイジー⑩ステイフーリッシュ

特別安定している馬ではありませんが、その他の馬よりはきっちり走ってきそうな2頭をピックアップ。⑨ニシノデイジーはなかなか馬券絡みがないですし、早い時期から活躍していただけに明け4歳でも上積みは疑問。ただ55キロは有利ですね。⑩ステイフーリッシュの前走は全く参考外。ルメールに乗り替わって怖い存在になってきました。あとは中山2200がどうでるか。

 

【展開次第で複勝圏】①ウラヌスチャーム②ラストドラフト⑥クロスケ⑫サトノクロニクル

①ウラヌスチャームは牝馬で瞬発力があり、同じ中山2200にも勝ち鞍がある点で飛びつきたくなる穴馬ですが、力量が足りるかどうかは未知数。②ラストドラフトは前走で鋭い脚を披露。ただ、本来はパンパンの良馬場が理想で、荒れた今の中山で道悪が残ったりすると厳しいです。⑥クロスケはぐちゃぐちゃの馬場になった場合に僅かな可能性があるので入れてみました。⑫サトノクロニクルは長期休養明けですがまずまずの仕上がり。底を見せていない馬ではあるので、去年のシャケトラの再現があるかどうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】④マイネルフロスト⑦ルミナスウォリアー⑧グローブシアター

④マイネルフロスト⑦ルミナスウォリアーは共に9歳で上がり目薄。⑧グローブシアターも本調子でもギリギリという感じ。ほぼ一年ぶりのレースでは難しいでしょう。

 

まとめ

オールカマーとAJCCは同じ中山2200。外回りで特徴的なコースですし、巧拙がはっきり出やすい舞台。私はそのあたりをふまえて、再度⑤スティッフェリオ本命でいきたいと思います。

 

オールカマーは思い切った逃げでそのまま。その後の天皇賞と有馬記念での敗戦は仕方のないところ。特に有馬記念は果敢にスタートから出していきましたが、先行勢総崩れの展開だっただけに流れも向きませんでした。今回はオールカマーの時と同様、前に行きたい馬が皆無。丸山が同じようなレースに持ち込みそうな気がしますし、そうなれば崩れないかなと思いました。上がりがかかりそうな馬場も味方しそう。ややこしいことは考えず、シンプルに本命を打ちます。

 

馬連と馬単1着固定で⑤スティッフェリオから、③ミッキースワロー⑩ステイフーリッシュ⑪ブラストワンピース⑫サトノクロニクルが本線。押さえの馬連で①ウラヌスチャーム②ラストドラフト⑥クロスケ⑨ニシノデイジーへ。あとは金額を微調整したりして高目待ちですね。

 

ちなみに仕分けの順番を入れ替えて、⑨ニシノデイジーを下げた替わりに⑫サトノクロニクルの評価を上げてみました。連の可能性としたら⑨ニシノデイジーより⑫サトノクロニクルかなと思います。休養前の戦績を改めて振り返るとかなりハイレベルな競馬をしていますし、ノーザンファームの休み明けなら不気味。先行力もあるのでスティッフェリオとの馬連も厚く買いたいですし、配当次第で⑫サトノクロニクルの単勝も買ってみたいです。

 

馬連・馬単1着固定流し ⑤→③⑩⑪⑫

馬連流し ⑤-①②⑥⑨

単勝 ⑫

勝負度 ★★★★☆