2020 盛岡 せきれい賞 予想 内で脚をためるアップクォーク◎ 乱戦ならキャッスルクラウンも☆

2020 盛岡 せきれい賞 予想 内で脚をためるアップクォーク◎ 乱戦ならキャッスルクラウンも☆

せきれい賞 盛岡 芝2400米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

2アップクォーク3キャッスルクラウン
10ロードヴァンドール12ブラックバゴ

安定型

なし

展開次第で複勝圏

1エイシンレーザー4サンエイゴールド
5スタークニナガ7ダイワリベラル
8コスモリョウゲツ9マツリダレーベン

危険な人気馬

なし

苦戦必至

6ルーモス11トーセンギムレット
13エスティーム

見解

恒例の芝長距離重賞。盛岡勢の④サンエイゴールド⑦ダイワリベラル⑧コスモリョウゲツ⑨マツリダレーベンと言った芝巧者たちはここで本領を発揮したいところですが、最近は年々他地区からの遠征馬が強力になっている感じ。今年は元中央オープンの②アップクォーク⑩ロードヴァンドール⑫ブラックバゴが参戦。さらに3年連続参戦の船橋③キャッスルクラウンもここにきて調子を上げてきました。なかなか力量比較が難解ですが、一応遠征馬を重視で考えていきたいです。

中心は兵庫②アップクォーク。7歳ですがまだキャリアは浅くフレッシュ。最近中央オープンでは切れ負けのようなレースが続いていましたが、前走の移籍初戦が上々の内容。相手もジンギ・ヒダルマ・タガノジーニアスと重賞級の馬が揃っていましたし、5着のエイシンデジタルには差をつけていました。今回は内枠を引いて好位から脚をためられそうですし、距離も中央で2000中心に使われていましたから心配ないでしょう。チャンス十分と見ました。

ここは②アップクォークの単勝と馬連流しで勝負。相手は①エイシンレーザー③キャッスルクラウン④サンエイゴールド⑧コスモリョウゲツ⑨マツリダレーベン⑩ロードヴァンドール⑫ブラックバゴへ。人気はやはり吉原の乗る実績馬・⑩ロードヴァンドールでしょうが、そもそもがムラ馬なだけにちょっと怖い部分もあります。条件はベストですが、配当的な妙味から少しひねって買います。

直線ごちゃごちゃの競馬になれば、馬群をこじ開けてきそうな③キャッスルクラウンあたりが魅力ですね。一見⑩ロードヴァンドールの単騎ですが、途中で誰かが仕掛けそうな気もします。流れひとつでいろいろ起きそうなレースです。

単勝 ②

馬連流し ②-①③④⑧⑨⑩⑫

勝負度 ★★★☆☆