2020 川崎競馬 スパーキングレディーカップ 予想・買い目 単騎サルサディオーネ◎ 穴ならマルカンセンサー☆

2020 川崎競馬 スパーキングレディーカップ 予想・買い目 単騎サルサディオーネ◎ 穴ならマルカンセンサー☆

水曜の川崎は夏の牝馬重賞・スパーキングレディーカップ。最終的に頭数が9頭とさみしくなりましたが、なかなか混戦ではありますね。細かくメンバーをチェックしていきましょう。

7月15日 川崎 スパーキングレディーカップ 1600米

【勝ち負け】

なし

【嵌れば一発】

5メモリーコウ8サルサディオーネ
10メイクハッピー
⑤メモリーコウはTCK女王盃3着・マリーンC2着と安定。男馬相手でも崩れませんし、ここも信頼できそう。大井⑧サルサディオーネはマリーンCでJRA勢撃破。前走は南関重賞でしたがなかなかハイレベルなレース。昨年2着、自分の形に持ち込めば逆転も。⑩メイクハッピーは2歳時の連勝から低迷していましたがここに来て上昇気配。外枠から番手競馬ができれば。

【安定型】

1ファッショニスタ
①ファッショニスタは6歳で、昨年後半若干衰えも感じましたが、前走を見るとまだまだやれそう。昨年の覇者でコース適性は十分ですが、56キロが少し不安。

【展開次第で複勝圏】

2マルカンセンサー4ワンダーアマービレ
9サラーブ
②マルカンセンサーは昨年のTCK女王盃2着が光ります。昨年5着、前が止まれば。④ワンダーアマービレは交流重賞初登場。1200~1400の差し馬のイメージで川崎マイルが合うかどうかは不透明。こちらも展開待ちですね。⑨サラーブは過去の交流戦では5着・7着・6着とあと一歩。平均的にいい馬ではありますが、ワンパンチ足りない感じも。

【危険な人気馬】

なし

【苦戦必至】

3ナムラアヴィ6フラワーオアシス
7ピコタン
昨年のローレライ3着並みのサプライズを期待したいですが、どの馬もベテランで上がり目は薄そう。厳しいでしょうか。

見解

メンバーを見ると中央勢は安定していますが、どれも折り合いをつけていきたいタイプ。ここはまたしても⑧サルサディオーネ単騎と見て、シンプルに押し切りを願って本命で勝負。とにかく自分の形に持ち込めば少々速い流れでもしぶとく粘ります。むしろ速いラップを刻んだ方が後ろに脚を使わせる分結果はいいタイプ。競っていきそうな馬もいなさそうですし、56キロでも今の好調さを信頼。昨年2着の雪辱に期待。

相手はやはり①ファッショニスタ⑤メモリーコウ①ファッショニスタは前走で復調気配。昨年の勝ち馬でもあり連覇もありそうですが、今回は展開的にサルサが有利なのと、56キロで切れが鈍る不安がありますね。⑤メモリーコウは成績が安定。差しに構えればしっかり脚を使います。交流も3戦目、信頼できそうです。

⑧サルサディオーネから思い切って1着固定三連単で勝負。1着⑧サルサディオーネ、2着①ファッショニスタ⑤メモリーコウ、3着はその他②マルカンセンサー④ワンダーアマービレ⑨サラーブ⑩メイクハッピー。そしてその2着・3着を入れ替えた三連単も買ってみます。有力どころで決まってしまうとあまり美味しくないので、できれば伏兵に頑張ってほしいところ。一発ならやはり②マルカンセンサーですかね。そろそろTCK女王盃の再現を期待したいところ。

三連単フォーメーション ⑧→①⑤⇄①⑤②④⑨⑩

勝負度 ★★★☆☆