2020 福島 ラジオNIKKEI賞 予想・買い目 仕方なく道悪決め打ち!コスモインペリウム・パンサラッサから◎〇

2020 福島 ラジオNIKKEI賞 予想・買い目 仕方なく道悪決め打ち!コスモインペリウム・パンサラッサから◎〇

日曜は夏の福島開催開幕を告げる3歳ハンデ重賞・ラジオNIKKEI賞が行われます。毎年難解な一戦になりますが、今年も傑出馬不在、オープン馬不在というメンバー。天気も微妙ですしもうわけがわかりませんが、ひとまずメンバーをチェックしていきたいと思います。

7月5日 福島 ラジオNIKKEI賞 1800米

【勝ち負け】

なし

【嵌れば一発】

5サクラトゥジュール12ルリアン
11パンサラッサ
⑤サクラトゥジュールはまだ馬券内を外したことがない堅実さ。前走の内容も強く、あとは福島コースをこなせるか。⑪パンサラッサは休み明けの前走で圧勝。道悪は得意。⑫ルリアンも前走余裕十分の勝ち方。重賞でどこまでやれるか。

【安定型】

10コスモインペリウム
ここ3戦が安定した内容。馬場も不問、斤量も53キロで他の馬より少し恵まれました。きっちり走ってくれるでしょう。

【展開次第で複勝圏】

1バビット6アールクインダム
2ディープキング7ベレヌス
3アルサトワ9パラスアテナ
4コンドゥクシオン
どの馬にもチャンスがありますね。当日の展開、馬場傾向、騎手のジャッジで順番は変わってきます。

【危険な人気馬】

8グレイトオーサー
4月という遅いデビューでしたが、レーン騎乗で2戦2勝。母ディアデラノビアという良血で期待されますが、走り方などから初の福島コースでどうなるか。道悪も気になる材料。

【苦戦必至】

なし

見解

バリバリのオープン馬不在の一戦。重賞とは言え、実質2勝クラスのレースと言っていいでしょう。ハンデ戦ではありますが、51キロ~54キロの間におさまっており、ほとんど気にしなくて良さそう。問題は馬場と展開ですね。

一応雨予報の福島。最悪不良馬場まで考えたいですが、開幕週の馬場だけにどれだけハードになるか難しいところ。さらにレース展開的には、前走逃げて勝った馬がずらっと揃いました。内から①バビット③アルサトワ⑦ベレヌス⑧グレイトオーサー⑪パンサラッサ。何がハナに立つか、ペースがどうなるかでレースはまったく様相を変えそうです。

ということで深く考えても仕方ないレースになりそうなので、ここは道悪決め打ちで穴狙いをして行きたいと思います。軸は⑩コスモインペリウム⑪パンサラッサで。2頭とも道悪は鬼ですね。

⑩コスモインペリウムは芝の不良馬場では2戦1勝2着1回。ただ前々走でグレイトオーサーを上がり最速で追い詰めた脚を見ると、道悪専用という馬でもなさそう。ここは人気の盲点になりそうで、複勝圏内なら十分期待できます。⑪パンサラッサのレースでやはり忘れられないのが、極悪馬場となった昨年の京都の未勝利戦。2着に2秒5の大差をつける圧勝で、さすが母父・モンジューと言う内容でした。その後、ホープフルSでも見せ場を作りましたし、前走休み明けでの快勝を見ると力をつけている感じ。同型がカギですが、外枠なら好位でレースができなくもないはず。あとは馬場適性を信じます。

⑩コスモインペリウム⑪パンサラッサの馬連と三連複全流しで遊びます。外有利の馬場になってくれるといいんですが。ハードな馬場になってほしいところ。

馬連・三連複2頭軸流し ⑩⑪-総流し

勝負度 ★★★☆☆