2019 金沢 金沢スプリントカップ 仕分け予想 立て直したエイシンヴァラー◎

2019 金沢 金沢スプリントカップ 仕分け予想 立て直したエイシンヴァラー◎

火曜の金沢は、1400の重賞・金沢スプリントカップが行われます。東海・近畿との交流戦で、最近は4年連続して兵庫勢が連対中。昨年と三年前はワンツーを決めていて、兵庫勢の強さをここでも見せつけています。今年も兵庫から大物が来ていますね。さっそく仕分けしてみましょう。

 

【勝ち負け】⑧エイシンヴァラー

中央オープン、昨年は黒船賞勝ち。地方では屈指の実力馬でしたが、昨年秋は不調。しかし立て直して迎えた前走の復帰戦で快勝。ここは中心的な存在になりますね。

 

【安定型】②ストーミーワンダー

まさに安定タイプ。前走は明らかに距離不足でしたからね。ここはなかなか崩れないでしょう。

 

【嵌まれば一発】なし

珍しく、ここは空欄にしてみました。正直、⑧エイシンヴァラー②ストーミーワンダーの両方をやっつけるというのはなかなか難しいんじゃないかなと思ってます。勝つのはどちらか、と考えるのが普通かなと思います。

 

【展開次第で複勝圏】①ハドウホウ③サノラブ④ウインクレド⑤エグジビッツ⑥ハタノサンドリヨン⑦ゴーインググレート

第3の馬の候補はかなり多いです。人気は⑦ゴーインググレートでしょうが、展開や馬場、流れ一つでどうとでもなりそうです。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑨ミキノグランプリ⑩オーバークロック

若干ここではスピード不足でしょうか。

 

 

まとめ

やはり⑧エイシンヴァラー②ストーミーワンダーが抜けているレースではないでしょうか。⑧エイシンヴァラーは前走復活勝利を決めましたが、内容的にも時計は速いですし、相手もゴールドスークなら評価できます。叩き2戦目、ここはさらなる上積みも期待したいところです。

 

②ストーミーワンダーは前走900の日本海スプリントに挑戦。結局内で包まれて、外に出してまた伸びるという内容。最後2着争いでは一番伸びていただけに、やはり距離不足は間違いなかったと思います。今回は得意の1400。日本海スプリント組には負けないでしょう。

 

三連単で1着2着をこの2強の裏表にしたフォーメーションで、あとは流してヒモ荒れを期待するしかないですかね。3着争いは①ハドウホウ③サノラブ④ウインクレド⑤エグジビッツ⑥ハタノサンドリヨン⑦ゴーインググレート。果たしてどれが一番配当がつきますかね。⑤エグジビッツ⑥ハタノサンドリヨンあたりが来てくれると美味しいですね。とにかく流れ次第です。

 

三連単フォーメーション ②⑧→②⑧→①③④⑤⑥⑦

勝負度 ★★★☆☆