2019 大井 帝王賞 行け!スーパーステション◎!

2019 大井 帝王賞 行け!スーパーステション◎!

いよいよ水曜は大井で帝王賞が行われます。2つ前の記事でも触れましたが、私にとっては宝塚記念よりもドリームレースですね。宝塚はうっかり的中しましたけどね。春のダートチャンピオンを決めるこのレース、夢のある馬券を買いたいと思いますよ。本命は宣言通り、⑨スーパーステションにしたいと思います。

 

もちろん、かなり願望が入った本命なわけですが、私は真面目に十分可能性があると信じておりますし、配当的に魅力でもあるということでチャレンジする価値はあると思っての本命でございます。最終的に単勝で40倍くらいはついてくれるかなと思いますしね。

 

昨年末の東京大賞典はプラス12キロ、門別のシーズンオフでの手探り状態での参戦だったと思います。今回は輸送も大井2000も経験して、叩き3戦目でまさに勝負の時。あとはレース展開、そしてペースの助けがあれば。

 

大賞典はアポロケンタッキーの奇襲にあって厳しい流れになりましたが、今回スーパーステションにとって最も気になる存在なのは、一番人気馬・⑪インティですね。逃げ・先行馬のインティですからどれだけ出して行くか注目ですが、ただ私は意外とすんなりスーパーステションがペースを握れるのではないかなと思ってます。

 

まず枠順が⑨スーパーステションの方が⑪インティよりも内を引いているということ。これだけでもスーパーステションは相当有利。そしてインティは人気馬であるということ。JRAの一番人気馬が、無理矢理門別の馬に競りかけていって、ハイペースで結果共倒れということを武豊はしないと思います。前走同様、あくまで番手の競馬を試みるはず。さらにインティはここ2戦ともにマイル戦を使われているので、折り合いということに関しては気を使って乗るのではないかなと思います。初距離ですからね。

 

ということで、かなり妄想的願望も混じった展開分析になりますが、ひとまずスーパーステションのマイペースの可能性も十分あると思っていますよ。そこに持ってきて、今の大井の馬場がなかなかくせ者。道悪でありながらパワー型の馬場で、上がりがかかっているんですが、火曜の後半は逃げ残りもちらほら見えてきました。逆に追いかける側もなかなかパワーとスタミナが必要な印象。後ろの馬になし崩しに脚を使わせる展開になれば、なだれ込みのチャンスもあるのではないでしょうかね。

 

あとは⑦オールブラッシュあたりの出方が気になりますが、最近は途中からのまくりの方が成績が良さそうですし、今回もそういう展開を狙ってくるのではないでしょうか。右回りも不安。ということでここは思い切って、⑨スーパーステションの単騎逃げを信じて、単複をどーんと買ってみようと思います。

 

そして馬連・ワイド・三連複で相手に買いたいのが、①チュウワウィザード⑩ミツバ。この2頭に共通しているのは息の長い末脚。どちらも距離が2000以上でもいけるタイプで、上がりのかかる消耗戦にも対応できるタイプだと思います。①チュウワウィザードはまず崩れなさそうで、⑩ミツバは無欲のまくりに期待ですね。そして大賞典の勝ち馬・⑤オメガパフューム⑪インティも少々押さえたいです。

 

最後に地方のもう一頭の星・③モジアナフレイバーについても触れますが、私はこの馬はバトルプラン産駒で切れ味タイプだと思っているので、今の大井のダートは合わないと思ってます。応援したいですけどね。

 

スーパーステション、頑張ってほしいです。そして配当もついてほしいです。奇跡を信じたいです。

 

目次

まとめ

単勝・複勝  ⑨

馬連・ワイド三連複 ⑨-①⑩

馬連・ワイド ⑨-⑤⑪

勝負度 ★★★★☆