2019 阪神 宝塚記念 いろいろ考えましたけど、結局キセキということに◎

2019 阪神 宝塚記念 いろいろ考えましたけど、結局キセキということに◎

日曜は春のグランプリである宝塚記念。毎年その存在意義を問われているG1ですが、今年もいいメンバーなような、微妙なメンバーなようなというところ。ただ、今の古馬戦線はアーモンドアイ以外は混戦模様でもあるので、この感じは仕方ないのかもしれませんね。各馬一長一短、予想もなかなか難しいですが、一応本命は、①キセキにしました。

 

いろいろ考えたんですが、やっぱり一番確実に好走しそうな馬はこの馬かなと思いますね。昨年の毎日王冠から使い込まれていますが、大阪杯でも2着と高いパフォーマンスを見せました。持続力のある先行、ここも単騎逃げが予想されます。追いかけそう馬も⑤タツゴウゲキ⑥スティッフェリオあたりでしょうから、自分のペースでレースができそう。この2頭をうまく後続からのガードに使えれば最高ですね。前走はハナに立てず、後半が速いレースになった分切れ負けしましたが、それで2着なら上々かもしれません。なんとか馬場が良馬場でやれそうなのも、時計があるこの馬にとって有利。ここは素直に本命を打ちたいです。

 

相手はなかなか悩みますが、本線は⑫リスグラシューで行きたいと思います。牝馬の台頭も多いこのレース。同じ距離のエリザベス女王杯も勝ってますし相性も良さそう。外枠もこの馬の脚質的にいいでしょう。香港のエグザルタントと好勝負してる馬ですから、格負けもないはず。

 

あとは⑪スワーヴリチャード。最近はジリっぽさが目立ちますが、逆に出遅れた天皇賞・秋以外崩れてもいません。8枠が強いレースですし、昨年の大阪杯で見せた機動力を、同じ阪神内回りで発揮できれば。

 

①キセキと人気を分けるであろう②レイデオロですが、前走の負け方がらしくないように思えました。元々堅実駆けタイプなだけに、遠征明けで精神的なショックも心配。早い時期から活躍していた馬だけに、ちょっと下降線には入ってきてるかなと思います。難しいところですね。④アルアインは前走で大阪杯を勝ちましたが、完璧な競馬ではあったので、2200に距離が伸びて甘くなりそうな気もします。それと前走勝ったことで、逃げる①キセキよりもマークされやすい立場になるかもしれませんね。距離的にはギリギリでしょうし、鞍上の北村が脚をためるようだと、①キセキは楽な展開になるかもしれません。それにしてもこの馬、どんどんヤエノムテキに似てきたなという印象です。

 

 

③エタリオウですが、堅実駆けですし、ステイ産駒はやはり怖いです。ただ今年のレースを見ると、道中の手応えからしたらもっと伸びてもいいのになという印象。単純に脚の使いどころか難しい馬になってきています。横山がどうさばくかですね。

 

 

ということで、非常に難しいレースでかなり悩みました。最近の私自身の考えで、「予想に悩むレースは勝負をするな」というポリシーがあるので、ここは軽く買いたいと思います。本命①キセキから、⑫リスグラシュー⑪スワーヴリチャードへ馬連・馬単・ワイド。外れてもしょうがないという気持ちです。上位拮抗の一戦、混戦ではあるものの思わぬ伏兵の台頭もなかなか難しいレースかもしれませんね。買いづらい一戦です。

 

目次

まとめ

馬連・馬単・ワイド ①-⑪⑫

勝負度 ★☆☆☆☆