2019 園田・兵庫ダービー 笠松・飛山濃水賞 門別・北海道スプリントカップ まとめて予想!

2019 園田・兵庫ダービー 笠松・飛山濃水賞 門別・北海道スプリントカップ まとめて予想!

東京ダービー、ヒカリオーソの復活の逃げ切りの驚きが冷めやらないですが、木曜は各地で重賞が組まれて、地方競馬ファンとしては大忙しの日になりそうです。園田の兵庫ダービー、笠松の新設重賞・飛山濃水杯、そしてダートグレードである門別の北海道スプリントカップ。3つの重賞をまとめて予想したいと思います。

 

園田 兵庫ダービー 早めに動かざるを得ない本命・ジンギに死角あり。

園田の3歳王者を決める兵庫ダービー。前哨戦である菊水賞は本命・ジンギが快勝。今回も中心視されていますが、私は④ジンギに死角があるかなと思ってます。

 

菊水賞はアイオブザタイガーが逃げて比較的落ち着いた流れ。ジンギは外の3番手を追走して理想的な展開でした。5馬身差の圧勝でしたが、展開的には最高だったと思います。しかし今回は、⑪アヴニールレーヴがおそらく外から内に切れ込んで一気の逃げの手に出るはず。その後に②アイオブザタイガー⑫テンマダイウェーブも続いて、比較的ペースは流れそう。その後ろに④ジンギということになりそうですが、後ろから兵庫CS組で健闘した⑥バンローズキングス⑩エナキョウもいますし、そうゆったり脚をためるわけにもいかないレースになるはず。そこに若干のスキが生まれるかもしれないなと思っています。前走の切れ味を見ると、距離も微妙に長いかもしれません。

 

ということで私は、その兵庫CSで3着4着だった⑥バンローズキングス⑩エナキョウを中心にしたいと思います。⑥バンローズキングスは、前走を見るとこの園田の1870がすごく合っているようですね。一瞬の脚はないですがバテません。良馬場のこの距離のレースはぴったりだと思います。⑩エナキョウは毎回スタートで後手を踏みますが、前走の上がりは3着のバンローズキングスを上回る時計。前がやり合えば差しきりまでありそう。

 

馬連で⑥バンローズキングス⑩エナキョウ1点、そして三連複2頭軸流しで、⑥バンローズキングス⑩エナキョウから、相手は内から②アイオブザタイガー③オオエフォーチュン⑤チャービル⑦ベルリーフ⑫テンマダイウェーブへ。そして⑥バンローズキングス⑩エナキョウ④ジンギ三連単ボックスを押さえたいです。ハイペースを願いたいところ。

  • 馬連 ⑥-⑩
  • 三連複2頭軸流し ⑥⑩-②③⑤⑦⑫
  • 三連単ボックス ④⑥⑩
  • 勝負度 ★★★☆☆

 

 

笠松・飛山濃水杯 絶好調!10歳メモリージルバが軸◎

笠松では新設の古馬重賞・「ひざんのうすいはい」が行われます。岐阜の地形を表した言葉のようですね。ネットで調べました。記念すべき第1回の重賞ですが、なかなか個性的はメンバーが揃いました。波乱の要素十分、私は三連複で②メモリージルバを軸にして流そうと思っています。

 

前走のオグリキャップ記念は、カツゲキキトキトをはじめ、かなりの強力メンバーが集まった一戦でしたが、そこで勝負所で包まれてポジションを下げながらも、最後挽回してグレイトパールに先着の3着。エンパイアペガサスにも勝っていますし、10歳ですが目下の好調ぶりを示す内容でした。笠松は本当に得意、今回は内に同厩舎同馬主の逃げ馬・①メモリートニックがいますから、これを行かせて最内の経済コースを通れそう。多少脚を余しても、3着は外さないと見ました。

 

三連複フォーメーションで買ってみたいです。1頭目に②メモリージルバ、2頭目に①メモリートニック④ヒルノデイバロー⑦モズフレミントン、3頭目にその他、③ハタノリヴィール⑥ヴェルジェーズ⑧サムライドライブ⑨ストーミーワンダーへ。①メモリートニックは自分の形に持ち込めれば。⑦モズフレミントンの前走は兵庫の春の古馬最重要レースで4着。ここでも十分通用しそう。気になる中央から移籍初戦の④ヒルノデイバローですが、久々のダートで先手を取れれば大楽勝もありえます。中央準オープンくらいの力がまだあればというところですね。②メモリージルバのオッズ次第では勝負したいレースです。

  • 三連複フォーメーション
  • ②-①④⑦-①④⑦③⑥⑧⑨
  • 勝負度 ★★★★☆

 

門別・北海道スプリントカップ 高速ダートでJRA勢断然有利。大井・ショコラブランがどこまでか。

ダートグレードの北海道スプリントカップ。昨年はラブバレットがあと一歩のところまで行きましたが、今年の地方勢ではなかなか厳しそう。馬場が道悪になりそうなので、雨で良績のある⑩ショコラブランの台頭もあるかもしれませんが、基本的には中央馬有利でしょう。

 

⑤シュウジはダート転向後、1着3着。前走59キロでも走れていましたし、今回1キロでも斤量が軽くなるのはプラス材料。足抜きの良いダートも味方になるでしょう。⑫ヤマニンアンプリメはこのところ地方の道悪戦で好走。距離的にも1200の方がレースがしやすそうですし、有力候補でしょう。⑭タテヤマは末脚が安定していますが、若干時計不足。前が止まれば。③ノボバカラは前走久々の勝利。今回は斤量が増えますし、3年前にダノンレジェンドを追い詰めた時ほどのスピードは感じませんが、コースの相性は良さそうです。

 

ここは⑤シュウジ中心でいいでしょうね。配当的に三連単1着固定で流してみます。相手は⑫ヤマニンアンプリメ⑭タテヤマ③ノボバカラ⑩ショコラブラン⑩ショコラブランは一昨年の北海道スプリントカップで同じ道悪でニシケンモノノフの2着に入っています。当時はJRA所属だったので今と状況は違いますが、前走を見るとそれほど衰えもなさそう。森の遠征騎乗も魅力ですし、JRA勢がもたもたしていれば食い込みもあるでしょう。

  • 三連単1着固定 ⑤→⑫⑭③⑩
  • 勝負度 ★★★☆☆