2020 大井 羽田盃 仕分け予想 再び1800でゴールドホイヤー◎ グリーンロードとファルコンウィングの逃げ残りも期待☆

2020 大井 羽田盃 仕分け予想 再び1800でゴールドホイヤー◎ グリーンロードとファルコンウィングの逃げ残りも期待☆

水曜は南関東3歳3冠の1冠目・羽田盃。今年驚くのはその頭数。11頭は近年でも最少。しかしメンバーはなかなか濃厚。前哨戦の雲取賞・京浜盃と1番人気が敗れていますし、かなりの混戦ムードでもあります。仕分けでメンバーをチェックしていきましょう。

 

大井 羽田盃 1800米

【勝ち負け】なし

どこからでも買えるレース。全馬一長一短で本命は不在です。1番人気が何になるのかも謎です。

 

【嵌まれば一発】②ブラヴール④ヴァケーション⑤コバルトウィング⑦ゴールドホイヤー⑧グリーンロード

②ブラヴールは前哨戦の京浜盃で差し切り。流れも向きましたが、南関東ゆかりの血統が開花。再度同じような展開になれば。昨年の2歳王者・④ヴァケーションは前走休み明けで5着。最内からそれなりに伸びましたが、今回どれだけ上積みがあるか。⑤コバルトウィングは移籍初戦の京浜盃でしっかり2着。中央で1800は経験豊富ですし、前走は体重も増えて上積み十分。あとは最後にワンパンチが効くかどうか。⑦ゴールドホイヤーは雲取賞勝ち。こちらもハマった感じはありますが、同じ大井1800で勝っているのは強調材料。スムーズに運べれば。⑧グリーンロードの前走は悪い予感が的中。外から被されて持ち味を発揮できず。今回も外にファルコンウィングがいますから、ポジション争い次第。

 

【安定型】⑩ファンシーアップ⑪ティーズダンク

⑩ファンシーアップは京浜盃で4着。一瞬の脚はないですが、毎回崩れません。いいポジションを取れれば差はないです。⑪ティーズダンクは同じく京浜盃で3着。エンジンのかかりは遅いですが、最後は必ず追い込んできます。激しい競馬になればこの馬の出番になりそう。両馬とも、叩き2戦目で上積みも期待できます。

 

【展開次第で複勝圏】③ドイテー⑨ファルコンウィング

③ドイテーはここ2戦でひと息。それまではブラヴールやティーズダンクと勝ったり負けたりの競馬で、本来はそれほど差はないはず。⑨ファルコンウィングは前走グリーンロードの逃げを封印。今回も同じくグリーンロードの外の枠ですし、レースの鍵を握る馬です。他に逃げ馬がスンナリいければ粘りこみもあり得ます。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①アジュバント⑥モンゲートラオ

①アジュバントは中央入り後冴えないですし、前走取消の影響もありそう。⑥モンゲートラオも悪い馬ではないですが、今回は相手が強そう。

 

まとめ

レースの鍵を握るのは、⑧グリーンロード⑨ファルコンウィングの先行争い。この2頭の動向次第でペースが一変しそう。ただ、頭数が少ないですし、他に先行馬も不在。極端なハイラップもないのかなと思います。⑧グリーンロードは距離も延びて、森泰斗もある程度折り合い重視のレースをするかなと予想できますし、ペースは速くて平均と読みました。決めつけですけど。

 

そうなると、流れとしては全体的に淀みがなかった京浜盃より、途中でだいぶ緩んだ雲取賞に似たレース展開になりそう。必要なのは機動力と切れ味。ということで、私は雲取賞勝ちの⑦ゴールドホイヤーを中心に取りたいです。前走は大外枠から3・4角ですっと進出。そこから一度気合いをつけて、抜け出してからは抑える余裕。今回も同じ条件ですし、まだまだ上積みもありそう。代打の山崎は去年のダービーのヒカリオーソの勝利を思い出します。思い切った競馬をしてほしいです。

 

ここは⑦ゴールドホイヤー単勝で勝負。さらに⑦ゴールドホイヤーから三連複フォーメーションで、1頭目⑦ゴールドホイヤー、2頭目に⑧グリーンロード⑨ファルコンウィング、3頭目はこの頭数ですし全流しでいきます。流れが落ち着いて、⑧グリーンロード⑨ファルコンウィングのどちらかが残ることを狙った馬券です。ただ、基本としてはどの馬にもチャンスがあるレースで、何かテーマを決めて、イチかバチかで買うしかないレースだと思います。

 

単勝 ⑦

三連複フォーメーション ⑦-⑧⑨-総流し

勝負度 ★★☆☆☆