2019 川崎 川崎マイラーズ ハイレベルなメンバー、キャプテンキングとベンテンコゾウの壁厚し。

2019 川崎 川崎マイラーズ ハイレベルなメンバー、キャプテンキングとベンテンコゾウの壁厚し。

水曜の川崎は川崎マイラーズが行われます。月曜の川崎は乾いてパワー型のダートでしたが、火曜に雨が入ってだいぶ軽くなりました。それに伴って外差しもだいぶ効かなくなってきた印象ですね。先行も差しも内有利、そして切れる脚がある馬に有利になってきている雰囲気です。そんな中で行われるマイル重賞、私の本命は②キャプテンキングでひとまず行こうと思います。

 

羽田盃馬が甦って重賞3連勝。しかもどのレースもかなりの強敵相手。前走のブリリアントカップでは、タービランス・ヒガシウィルウィン・ヤマノファイトなどのビッグネームを、58キロを背負いながら伏せました。前回は1800でしたが本質的にはマイラーなはず。浦和の1400のゴールドカップの鮮やかな勝ちっぷりからも、左回りの小回りも不安なし。58キロも克服済み。枠順も内枠で、現在の川崎のコンディションが継続されるなら有利。条件が揃いすぎていると思います。軸でいいと思います。

 

今回の最大の強敵はやはり⑤ベンテンコゾウ。岩手で連勝、そのまま門別の3歳3冠に挑戦して、惜しくも最後にスーパーステションにやられてしまいましたが、今となっては相手が悪かったとしか言いようがありません。去年秋の南関東移籍から前走まで3連勝。特に前走はまだ本調子ではなかったヒガシウィルウィン相手でしたが、見事に完封してみせました。今回初めての南関の重賞で不安もありますが、レースもうまいですし、枠順も向きそう。⑧ウェイトアンドシーが逃げるところを2~3番手で追走できれば、なかなか崩れないでしょう。

 

②キャプテンキング⑤ベンテンコゾウ。かなりこの2頭の壁は厚いと思います。若干の取りこぼしがあっても、それぞれ3着くらいかなと思いまして、ここは3頭目に穴馬が入ってくるのを期待して三連複で流したいです。ピックアップしたいのは①トキノパイレーツ④バンドオンザラン⑥トロヴァオ⑧ウェイトアンドシー。実力的には⑫クリスタルシルバーなんでしょうが、配当もつきませんし、58キロで外枠ですからね。魅力が薄いです。それなら内をさばける穴馬で遊びたいところ。

 

①トキノパイレーツはお正月に川崎マイルでオープン勝ち。ジリですが立ち回りひとつ。④バンドオンザランの前走はなかなか難しい競馬になってしまいました。今回は走り慣れたコースですし、内に潜り込むのが上手な馬。スピードもありますし、スムーズにポジションが取れれば。⑥トロヴァオは前回も本命にしましたが不発に終わりました。申し訳なかったですが、やはり4回コーナーのコースの方がいいのかもしれません。嵌まった時の切れ味はやはり驚異。あと⑧ウェイトアンドシーは昨年の勝ち馬ですし前走に復調の兆し。単騎で運べれば。

 

三連複2頭軸流しで、②キャプテンキング⑤ベンテンコゾウから①トキノパイレーツ④バンドオンザラン⑥トロヴァオ⑧ウェイトアンドシーへ。うまく引っかかりますように。この中でも特に、④バンドオンザランが内からスルスル抜けてくるのを期待したいですかね。

 

  • 三連複2頭軸流し ②⑤-①④⑥⑧
  • 勝負度 ★★★☆☆