2019 名古屋 東海クイーンカップ 一騎討ちムード、焦点は3着争い。

2019 名古屋 東海クイーンカップ 一騎討ちムード、焦点は3着争い。

火曜の名古屋はグランダムジャパンの一戦、東海クイーンカップが行われます。1800ということで、メンバーや枠順次第では紛れも考えられるかなと思っていたのですが、いざ出馬表をみる限り上位2頭が抜けたレースとなりそう。その2頭とは、①リリコ②ゴールドリングです。

 

まず②ゴールドリングは、前走ベストの1400戦だったとは言え重賞の若草賞を圧勝。今回は2F伸びる1800ですが、前々走のスプリングカップでアンタエウスと僅差の競馬。今回のメンバーを見ると、他にこの馬のスピードに抵抗できるような先行馬もいなさそうなので、マイペースの逃げに持ち込めるはず。重賞連勝の可能性は高そうです。

 

もし②ゴールドリングを破るとしたら、①リリコということになるでしょう。園田から積極的に名古屋に遠征していて、これで3戦連続の名古屋。ここ2戦は②ゴールドリングの後塵を拝していますが、今回はメンバーが今までより落ち着いてきて、打倒ゴールドリングに専念できそうな雰囲気。それに加えて②ゴールドリングを前に置いて、経済コースを通れそうな最内枠。これまでより差は詰まるか、逆転もありえそうな気はしています。

 

馬連で2倍切りそうな気配。こうなると焦点は3着争いでしょうか。かなり混戦なメンバーで、流して高め待ちを狙いたいところ。いっそ総流しでもいいかもしれません。一応その中でも一番気になるのは、⑤ベアーレ。前走は笠松1600の大外で不利な展開でしたがなんとか重賞で掲示板確保。配当がまったく不透明ですが、好配当をつけそうなら厚く行きたいですね。

 

三連単1着2着で①リリコ②ゴールドリングの裏表3着はこのブログの予想としては⑤ベアーレを推奨するとして、あとはオッズを見て相手を選んだり、配分を変えたりしたいかなと思ってます。

 

  • 三連単フォーメーション ①②→①②→⑤
  • 勝負度 ★★★☆☆