2019 東京 ダイヤモンドS ユーキャンスマイル中心のレースですが、馬券はカフェブリッツから。

2019 東京 ダイヤモンドS ユーキャンスマイル中心のレースですが、馬券はカフェブリッツから。

土曜の府中は冬の長距離レース、ダイヤモンドSです。今年は菊花賞3着のユーキャンスマイルは出てきたものの、全体的には低調なメンバー。仮にもしここにオジュウチョウサンが出ていたら勝ち負けだったかもしれないなと思ったりもします。こうなると当然ユーキャンスマイルが中心視されて、勝つ可能性も一番高いかなと思いますが。馬券の上での本命馬はユーキャンではなく、②カフェブリッツで行きたいと思います。

 

まず⑩ユーキャンスマイルについてですが、前走の惜敗を見るとやはり詰めの甘さを感じます。善戦タイプの馬で、力はありますが必ず勝てるという馬でもなさそう。府中の3400という特殊なコースで、ひとつタイミングを間違えると脚を余したりもあるんではないでしょうか。

 

そんな馬なので、三連複1頭軸流しの中心として考えれば、ユーキャンスマイルは信頼できるタイプかもしれません。ただこの馬を中心に馬券を組んでも配当的には期待できませんよね。オッズ的には三連複でユーキャンスマイルと他2頭で買うのと、その2頭だけでワイドを買うのとで、それほど差はないと思います。それならワイドで買おうというのが今回の狙いです。それに万一ユーキャンスマイルが馬券圏外に沈んだなら、2つ当たりとか3つ当たりもありえます。そのあたりも期待して買いたいです。

 

本命の③カフェブリッツは、前々走から芝転向でいきなり準オープンを快勝。これはかなりすごいことだと思います。続く前走は長距離戦でなかなか難しいレースだったと思いますが見せ場は作りました。今回は芝の長距離戦も2度目、前走がやや太目だったことを考えれば、府中への輸送でしぼれてさらに前進もあり得ます。今の時計の速い芝も、前々走の33秒台の上がりを見る限り味方になってくれそう。うちで内で脚をためられれば勝ちまであるかなと思ってます。

 

相手は①ルミナスウォリアー④ピッツバーグ⑤ブライトバローズ⑥ララエクラテール⑧サンデームーティエ⑨グローブシアター。怖いのは軽ハンデの逃げ先行馬。今回は④ピッツバーグ⑧サンデームーティエがいますが、両馬とも1000万下の身で軽ハンデ。それでいて2頭とも逃げ馬ということで、2頭で後続をちぎって先行する可能性もあるかなと思います。2頭で大逃げすると、意外と後続が追いかけるのを怖がって前が残ったりしやすいもの。格下でなめられているでしょうし、ちょっとここは厚めに買って遊びたいです。

 

②カフェブリッツからワイド流し。⑩ユーキャンスマイルが来たらお手上げですね。

 

  • ワイド流し ②-①④⑤⑥⑧⑨
  • 勝負度   ★★★☆☆