2018 笠松・東海ゴールドカップ 園田・園田ジュニアカップ 高知・高知県知事賞 まとめて予想!

2018 笠松・東海ゴールドカップ 園田・園田ジュニアカップ 高知・高知県知事賞 まとめて予想!

大晦日、大井では東京2歳優駿牝馬が行われますが、その他の競馬場でも重賞が目白押し。笠松では東海ゴールドカップ、園田では園田ジュニアカップ、高知では高知県知事賞が行われます。一気にまとめて予想してみたいと思います。

笠松・東海ゴールドカップ 本格化したサザンオールスター◎

勢いのある馬が揃ったこのレース。本命は⑨サザンオールスターでいきたいです。前々走あたりから内容が一変。前走の東海クラウンでも積極的なレースで快勝しました。3歳時は重賞で善戦止まりのイメージでしたが、本格化した今なら勢いで突破してもおかしくないと思います。

 

強敵は、3走前にサザンオールスターに勝っている⑦フロリダパンサー。こちらは休養・取消をはさんで3連勝中。当然勝っておかしくない馬ですが、移籍当初の笠松での敗戦がいずれも1900戦だったことから、少し距離が長いのかなとも思います。僅差で対抗評価。

 

三連複でこの2頭から流そうと思いましたが、ここは思い切って3頭目②メモリージルバにしぼって、三連複1点勝負でいきたいと思います。なんと言っても笠松巧者のこの馬。1900もこの一年間で、昨年のこのレースと今年のオータムカップで重賞2勝と相性抜群。前走の敗戦はここへの叩き台と見て、三連複の相手として勝負してみたいと思います。

 

  • 三連複 ②-⑦-⑨
  • 勝負度 ★★★★☆

 

園田 園田ジュニアカップ 急成長・テンマダイウェーブに逆らえぬ◎

園田では2歳重賞・園田ジュニアカップが行われます。慣れない1700の中距離戦ということで、この距離への適性が鍵となりそうですが、ここは前走1700を圧勝している④テンマダイウェーブで大丈夫でしょう。

 

前々走の重賞・兵庫若駒賞を人気薄で快勝。その勢いで挑んだ前走のアッパートライでは、今回と同じ1700を見事に克服、5馬身差で圧勝しました。斤量も他の馬より1キロ重い56キロの勝利でしたし、2着のリリコも重賞勝ち馬で価値があります。ライバル視されていたビッグシューターが回避したことで、ここは1強という図式でいいでしょうかね。⑧テツとの先行争いも若干気になりますが、テツは田中学騎乗なので、そうガリガリに絡んできたりはしないのではないでしょうか。すんなり押し切りと見ています。

 

三連単でテンマダイウェーブの1着固定流し。相手は①リリコ⑦ミヤモフィット⑧テツ⑪オオエフォーチュンと、スタートは下手ですが枠順的に内を通れそうな②レコパンヒュウガ。レコパンが絡むと高配当になりそうですね。テンマダイウェーブが強く勝ちすぎた場合、ヒモ荒れもありそうです。

 

  • 三連単1着固定流し ④→①⑦⑧⑪②
  • 勝負度 ★★★☆☆

 

高知・高知県知事賞 先行力あるティアップリバティ◎

高知のグランプリレース。昨年はフリビオンが快勝でしたが、今年のフリビオンはまだ完調ではないと見ました。目下の充実度とローテーションから、本命は④ティアップリバティで。

 

昨年は3着でしたが、一挙の相手強化の中での3着健闘と言う印象。しかし今年に入ってからは、オープンで堂々としたレースぶりを披露しており、十分主役を張れる存在に成長してきました。ここが休養から叩き3戦目。グランプリを狙ってきた感じがありありですね。前走もモンドクラッセ相手の完勝でしたし、脚質的にも信頼できる馬。軸には最適と見ました。

 

ティアップリバティから馬連・馬単流し。相手はまず、前走に復活の兆しが見えた⑩フリビオンですが、ミサイルマンに完敗したあたりはまだまだの印象。相変わらずの勝負どころでの反応の悪さも不安。ただ2400は合うので軽視はできません。昨年大敗からのリベンジを期す①イッツガナハプン、昨年2着の②チャオも相手候補。あとは状態が微妙ですが、8枠の⑪キープインタッチ⑫ナリタポセイドンは実績馬ですし、距離も合うので要注意でしょう。どの馬も結構ポカがありそうなので、展開ひとつで高配当が期待できそうなレースではありますね。

 

  • 馬連・馬単流し ④→①②⑩⑪⑫
  • 勝負度 ★★★★☆