2019年 名古屋・湾岸ニュースターカップ 笠松の2頭が上位・そして新年のあいさつ。

2019年 名古屋・湾岸ニュースターカップ 笠松の2頭が上位・そして新年のあいさつ。

新年、あけましておめでとうございます。

装飾してみました。2019年を迎えましたね。今年も中央・地方競馬問わず、予想やら雑感やら、いろいろこのブログで取り上げていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。新年最初の重賞は、元日の名古屋・湾岸ニュースターカップということで、さっそくチェックしていきたいと思いますけども、ちなみに私、最近一般のレースで結構複勝馬券を買うようになりまして、それから収支が良くなってきました。複勝で儲けようとするには、当てる意外にもいろいろコツがあるようでして、その考え方がすべての種類の馬券にも好結果を生んできているようです。その件については、また別の機会に「複勝」をクローズアップした記事をアップしようかなと思っております。2019年、このブログのテーマは「基本は複勝」かも。というわけで、今回はひとまず湾岸ニュースターカップ。

 

笠松の③ブライアンビクター⑤フォアフロントが人気になるでしょうね。③ブライアンビクターはデビュー2戦目だった昨年のジュニアクラウンでボルドープラージュといい勝負。その後の成績も優秀。一方⑤フォアフロントは、そのブライアンビクターと勝ったり負けたりしてます。そして前走のジュニアキングでは例のボルドープラージュに勝っています。ボルドープラージュは重賞戦線で活躍してますし、年末のライデンリーダー記念では無敵のエムエスクイーンと僅差の競馬。そういう比較から考えて、この笠松勢2頭はかなりレベルが高いと思います。

 

このレースでさくっと儲けようとするなら、この笠松2頭が崩れるのを祈るしかないわけですが、隙があるとすれば初めての輸送と、例えば馬体重が大きく増えたとか、そういうなんらかの要因しかないでしょう。迎え撃つ名古屋勢も、エムエスクイーンに続く第二勢力的な面々の姿もありませんし。現段階の予想では、笠松勢が1、2着で、3着に何が飛び込んでくるかというところを考えるしかなさそうですね。仕方ないです。相手探しですが、もし笠松2頭がハイレベルな戦いをするとしたら、展開的にはその後ろあたりの内で追走する馬に一番チャンスがあるかもしれないですね。脚質的に①コマガイム⑩ユウストレートは同じような差し競馬をするので、この2頭が3番手の有力でしょうか。

 

馬券的にはなかなか手を出しづらいレースですが、頑張って買うなら三連単フォーメーションで1着2着を笠松2頭の裏表、3着をコマガイムとユウストレートということになります。ただ、あんまり乗り気ではないですね。もし万が一、笠松2頭のどちらかの馬体重が激変などしていたら、この3着候補2頭を2着に格上げしたりして買うと、ちょっと面白味も出てくるかもしれません。なかなか難しいでしょうけどね。ということで、記念すべき新年一回目の予想としては、だいぶおとなしいテンションでお送りしました。

 

  • 三連単フォーメーション ③⑤→③⑤→①⑩
  • 勝負度 ★☆☆☆☆