2018 川崎 全日本2歳優駿 ハイペース必至?デルマルーヴルの末脚◎

2018 川崎 全日本2歳優駿 ハイペース必至?デルマルーヴルの末脚◎

水曜の川崎では、2歳馬ダートNo.1を決める全日本2歳優駿が行われます。今年は面白いですよね。中央勢は昨年のルヴァンスレーヴのような大物はいないものの、なかなか力のある馬が揃って、地方勢も素質馬揃い。例の北海道2歳優駿の1、2着馬に加え、鎌倉記念圧勝の3戦3勝馬・ミューチャリーも参戦。楽しみですが、私の本命は⑤デルマルーヴルにしました。

 

出馬表はこちら

このレースのキーになりそうなのはずばり、展開です。ざっと見て地方勢はかなりテンに速い馬が揃ったと思います。内から、①マイティウォーリア③イグナシオドーロ⑥ヒカリオーソ⑦エムオータイショウ。どれも行きたい馬たちで、この大舞台ですから一か八かの積極策に出そうな面々だと思います。特に⑦エムオータイショウは短距離馬ですし、桑村も積極的な騎乗をするジョッキーですから、これが競りかけるとかなり速くなりそう。

 

そうなってくると、かなりごちゃごちゃした展開になる気がします。JRA勢は強いですが、小回りの川崎で激しいレース、しかも初ナイターとなれば、いつもと勝手が違って紛れがあっても不思議ないでしょう。そこで⑤デルマルーヴル

 

なんと言っても小回りの園田の1400で重賞を勝っていると言うのは、他のJRA勢に対して大きなアドバンテージです。今回は距離が1600になりますが、3走前の中山1800で好時計勝ちしてますから問題なし。左回りも府中の500万を勝っていて、他馬より不安点が少ないです。他の馬の動きを見て動ける脚質ですし、ここは馬券の軸としては最適ではないでしょうか。鞍上のMデムーロも昨年ルヴァンスレーヴで勝ってます。同じイメージで乗ってくれるのではないでしょうか。

 

⑤デルマルーヴルから、相手候補は思い切って地方馬2頭にしようと思います。⑩ミューチャリー⑬ウィンターフェルの2頭。漠然と、3着以内に地方馬が1頭は絡むのではないかと読みまして、それならこの2頭かなと思いました。⑩ミューチャリーの前走は衝撃の圧勝劇でした。前走ちぎったリンゾウチャネルが、園田でデルマルーヴルから同じくらいの着差だったので、ミューチャリーがここで通用してもおかしくはないと思います。⑬ウィンターフェルの前走は問題のレースだったわけですが、内容としては純粋に強かったです。出遅れて盛り返してから写真判定まで持ち込みましたからね。抜け出して気を抜くところのある馬なので、強い馬と戦えばまだまだ伸びしろがあるのかも。森泰斗の手腕に期待。

 

馬連・ワイド・三連複で⑤デルマルーヴルから⑩ミューチャリー⑬ウィンターフェルへ。そして三連複フォーメーションで、1頭目デルマルーヴル、2頭目ミューチャリー・ウィンターフェルから、3頭目に①マイティウォーリア③イグナシオドーロ⑦エムオータイショウへ。これは穴っぽく遊びで買ってみたいです。特に⑦エムオータイショウはかなり能力のある馬で、距離さえこなせれば一発あるかも。基本は馬連・ワイド・三連複で。

 

 

  • 馬連・ワイド・三連複 ⑤-⑩⑬
  • 三連複フォーメーション ⑤-⑩⑬-①③⑦
  • 勝負度 ★★★★☆