2018 阪神 朝日杯FS ◎グランアレグリアの相手は2頭で。

2018 阪神 朝日杯FS ◎グランアレグリアの相手は2頭で。

日曜は阪神で2歳G1・朝日杯フューチュリティステークスが行われます。今年の目玉はなんと言っても紅一点・グランアレグリアですが、私の本命も②グランアレグリアです。相手探しの一戦と見ました。

まずはデビュー戦で、阪神JFの勝ち馬・ダノンファンタジーに完勝。それから4カ月ぶりだった前走では、プラス18キロで重賞を圧勝。重賞にしては手薄なメンバーではありましたが、好位からの横綱相撲を披露。馬体の成長も窺えますし、今年は他の牡馬たちも傑出した馬がいない印象。枠順も理想的なところに入ってのルメール騎乗ですし、素直に本命でいいと思います。

相手を悩みましたが、ひとまず2番人気になっている⑥アドマイヤマーズについては、私は評価を低めにしたいです。3戦3勝は立派ですが、あまり破壊力を感じません。先週も書きましたが、やはりダイワメジャー産駒というのは仕上がりの早さやレースセンスはあるものの、G1となるとどうしてもパンチ不足のような気がしてなりません。何かにやられるような雰囲気がぷんぷんします。

それなら3番人気の⑭ファンタジスト。こちらも3連勝ですが、1200→1200→1400と短距離戦でのものでアドマイヤマーズより低く見られがち。しかし前走は評判のアウィルアウェイとの叩き合いを制しての勝利。時計が平凡でしたが、道中がスローなだけで、逆に遅めの流れにも対応できたところに、この距離で折り合う可能性を感じました。武豊のテクニックに期待してみたいところ。対抗に推してみたいです。

もう一頭、注目しているのは⑬ニホンピロヘンソン。底を見せていないという意味では面白い存在だと思います。こちらはルーラーシップ産駒で折り合いが気になりますが、能力は相当あると思っていますよ。はまればなかなかのエンジンがありそうな馬、先行抜け出しで波乱を呼ぶかも。

個人的に朝日杯フューチュリティステークスは1600のG1ですが、1400でも勝てるようなスピードがないとダメなレースではあると思います。先行するにしても差すにしても。そういう意味ではファンタジストとニホンピロヘンソンは良いと思います。昨年・一昨年と1400の京王杯2歳Sの勝ち馬が馬券に絡んでいるというデータも、ファンタジストにとってはいい情報。逆に⑪ケイデンスコールなんかは、もう少し距離があってもいい馬のように感じます。新潟2歳Sから直行で朝日杯というローテーションもあまり好走イメージが湧かないです。こちらもアドマイヤマーズ同様、低めの評価で。

グランアレグリアから馬連2点。相手はファンタジストとニホンピロヘンソン。遊びで三連複をこの3頭1点で。シンプルに行きたいところ。アドマイヤマーズに人気がかぶれば、馬券的な妙味も出てきますね。

  • 馬連流し ②-⑬⑭
  • 三連複 ②⑬⑭
  • 勝負度 ★★★☆☆