2018 大井 勝島王冠 ヒガシウィルウィンの安定感◎ 穴でキャプテンキング。

2018 大井 勝島王冠 ヒガシウィルウィンの安定感◎ 穴でキャプテンキング。

今週の南関重賞は東京大賞典のステップレースである勝島王冠。今年は相当な豪華メンバーで、注目のレースとなりました。実績のある古馬と、勢いのある3歳馬の激突。私の本命は⑬ヒガシウィルウィンにしました。

 

前走のマイルグランプリは、1コーナーのポジション争いに負けていつもより後ろからのレースを強いられました。森泰斗も敗因にあげていましたし、楽なレースではなかったと思います。それでも最後は外からいい脚で追い込んで2着と、さすがの実力を見せました。今回は叩き3戦目、距離も1600よりは1800の方がいいと思います。斤量も据え置き、軸としては最適ではないでしょうか。

 

相手は軽量の3歳馬2頭にしました。②リコーワルサー⑦モジアナフレイバーで。②リコーワルサーは、羽田盃で先行して2着。今回は同じ条件ですし、前走は少しだけ太目。53キロと上がり目を考えれば足りると思います。好枠ですしね。⑦モジアナフレイバーは相当な素質を秘めた馬。前走も強かったですが、問題はメンバー強化と多頭数競馬。バトルプラン産駒らしく、いい脚が短い印象があるので、脚の使いどころを間違えると4着5着みたいなこともありえそう。それでも53キロはかなり有利で、リコーワルサー同様前走太目。この2頭は上積みを考えてもチャンスは大きいでしょう。

 

馬券は三連単フォーメーションで、⑬ヒガシウィルウィンを1着②リコーワルサーと⑦モジアナフレイバーを2着で。3着はその2頭以外に、④キャプテンキング⑨リッカルド⑩クリスタルシルバーで。

 

⑨リッカルドは、やはり前走の敗戦が不安。札幌遠征の疲れが敗因のようですが、年齢からしても下降線に入っていてもおかしくありません。⑩クリスタルシルバーの前走は強かったですが、展開もはまった感じもあります。前走を勝ったことで、今回は他の3歳馬と比べて3キロ重くなるのは間違いなく不利。この2頭は控えめで。

 

穴で面白いのは④キャプテンキング。休み明けの前走はハイペースを外から先行して最後苦しくなりましたが、それでもリッカルドと0.1秒差なら上出来。マイル向きかもしれませんが、昨年の羽田盃の勝ち馬でもあります。あの時も内枠でしたし、条件は悪くないです。これが絡むと大きいですね。

 

  • 三連単フォーメーション ⑬→②⑦→②⑦④⑨⑩
  • 勝負度 ★★★★☆