2018 中京 チャンピオンズカップ もう一回、ケイティブレイブ◎

2018 中京 チャンピオンズカップ もう一回、ケイティブレイブ◎

日曜のメインは、中京で行われるチャンピオンズカップ。ダートの頂点を決めるレースですが、今年の注目は3歳馬・ルヴァンスレーヴに集まっています。しかし私の本命は、JBCクラシックに続いて⑧ケイティブレイブです。

 

出馬表はこちら

前走のJBCクラシックは着差以上に強かったと思います。以前は逃げ・先行から持久力で押しきる形でしたが、昨年の帝王賞を外から差しきって以来レースぶりが変わってきて、今のケイティブレイブはしっかり前の馬を射程圏に入れて、そこから抜け出す形になってきています。今年の船橋の日本テレビ盃を勝った時に本当に強いなと思いましたが、前走はそれをまさに証明する勝利でした。今回、距離が100メートル短くなって左回りに変わりますが、強かった船橋が左回りの1800ですから問題ないでしょう。

 

一方、現在一番人気の②ルヴァンスレーヴですが、確かに素質は一級品ではあります。ただ、前走の切れ味を見ると、やはりベストはマイルなのかなと思ってしまいます。2000のJDDも勝っていますが、1600→1800がいいはずはないと思います。それにスタートも上手ではないので、内枠は不安。今までの相手に比べて一番タフな一戦になるでしょうし、前を捌くのは簡単ではないと思います。

 

こう見ると、ルヴァンスレーヴとケイティブレイブを比べた時に、やはりケイティブレイブの方が穴は少ないし、主導権を握ってレースができると思うんですね。最近は勝ちきる切れ味も出てきましたし、他の馬を見ていける枠にも入れました。ここはもう一度、ケイティブレイブ本命でいきます。

 

この文章を書いている段階でケイティブレイブの単勝は6倍。レース直前にはもう少し下がって、5倍前後になるかなと思ってるんですが、それでも配当的に魅力です。再び単勝勝負で行きたいと思います。そして大穴で馬連⑧ケイティブレイブと①アンジュデジールの組み合わせも1点買ってみようかと思ってます。おまけに近い馬券ですが、左回りの内枠はアンジュデジールにとってベストな枠だと思いますし、サンビスタの例もありますから、流れひとつでこの相手でもわからないと思います。この2頭で来たらJBC馬券になりますね。ひそかに期待してます。

 

  • 単勝 ⑧
  • 馬連 ①-⑧
  • 勝負度 ★★★★☆