2018 中山・ステイヤーズS 阪神・チャレンジCをまとめて予想! 

2018 中山・ステイヤーズS 阪神・チャレンジCをまとめて予想! 

日曜はチャンピオンズカップがありますが、その前日の土曜は気になる重賞が2つ。中山ではアルバートの4連覇がかかるステイヤーズS、阪神ではレイエンダが出走するチャレンジCが行われます。今回はまとめて予想していきたいと思います。【アルバートは出走取消になりました。】

【アルバートは出走取消になりました】中山・ステイヤーズS アルバートの相手はヴォージュで。

出馬表はこちら

伝統の長距離重賞・ステイヤーズS。3600という日本最長距離重賞ですが、ここ3年はアルバートの独壇場。今年勝てば4連覇の快挙ですが、今年も狙いすましてのローテーション。素直に①アルバートに◎を入れました。

 

叩き3戦目。京都大賞典では3着と健闘しましたが、前走は58.5キロを背負ってスローペースにはまって後方のままに終わりました。ただ上がりは32秒台をマークしましたし、今回は57キロで得意の中山3600。まだまだ力の低下はなさそうで、内の4~5番手あたりから、直線楽に抜け出してくるのではないでしょうか。文句なしの本命。

 

相手は②ヴォージュ。前走のアルゼンチン共和国杯では見せ場を作りましたね。ゆったりとした流れが合いそうな馬で、スムーズに運べれば直線そこそこの脚は使える馬。前々走は太めが敗因だったと考えれば、それ以外のレースではまずまずの内容。枠順も良く、ロスなく立ち回れば。

 

三連複でこの2頭から流し③モンドインテロ⑪リッジマン⑫アドマイヤエイカンの人気どころが相手ですが、穴で⑩マイネルミラノ⑬メドウラークという重賞勝ち馬2頭。どちらもムラ馬で距離適性も謎めいていますが、はまればわかりません。

 

  • 三連複2頭軸流し ①②-③⑪⑫⑩⑬
  • 勝負度 ★★☆☆☆
  • →アルバート取消となれば、ヴォージュから3連複流しにしたいと思います。

 

阪神・チャレンジC 本格化した◎エアウィンザー、◯ダッシングブレイズ

出馬表はこちら

阪神・チャレンジCの注目はなんと言っても、レイデオロの弟である⑧レイエンダ。素質馬ですし勝って不思議ない馬ですが、今回は初の古馬重賞で展開も少し速めになるかも。デビュー以来、ゆったりとしたレースが多かったこの馬としては、そうそう楽ではないレースになるかなと思いました。

 

私の本命は⑨エアウィンザー。こちらも血統馬で、エアメサイアの仔・エアスピネルの弟がいよいよ本格化した感じ。前走のカシオペアSの伸びは圧巻でした。こちらはペースが若干速くなってくれた方がはまりそうですし、馬混みを割ってくる勝負根性も持っています。ここは舞台が整ったと見て本命でいきます。

 

エアウィンザーもかなり人気ですから、ここは穴馬を絡めたいと思いますね。相手は⑤ダッシングブレイズ。実績馬でありながら、ここは人気の盲点になりそう。最近阪神ではあまり走っていませんでしたが、実は3戦3勝の好成績。叩き2戦目、斤量も2キロ軽くなって、さらにC・デムーロに乗り替わり。これなら前走のエアウィンザーとの差は詰められるはず。馬連・ワイド1点で。そして三連複で、同じく阪神と相性のいい⑪トリコロールブルーも絡めて一発狙いたいです。

 

  • 馬連・ワイド ⑤-⑨
  • 三連複 ⑤-⑨-⑪
  • 勝負度 ★★★☆☆