2018 園田 兵庫ジュニアグランプリ パイロ産駒の2頭、オルトグラフ・デルマルーヴルがリード。

2018 園田 兵庫ジュニアグランプリ パイロ産駒の2頭、オルトグラフ・デルマルーヴルがリード。

水曜は兵庫でダートグレード・兵庫ジュニアグランプリが行われます。例年JRA勢に門別勢がどれだけ食らいつけるかという図式のこのレース。今年も似たような構図ではあると思いますが、若干JRA勢の2頭が抜けているかなと考えてます。主力は②オルトグラフ⑫デルマルーヴルでいいでしょう。

 

②オルトグラフは前走京都の500万を快勝。直線外に出して力強く伸びました。体重も前走プラス体重で成長を感じますし、それでいて器用なレースぶり。園田もこなせるんではないでしょうか。⑫デルマルーヴルも前走500万勝ち。ただ府中の内枠で脚をためての勝利で、その前が中山1800ですから、園田の1400が合うかどうかは未知です。ただそんなこの馬にとって、大外枠を引けたのはとても幸運。多少距離損でも外から勢いをつけて走れる分、レースはしやすいはず。これが内枠だったら、ちょっとひねった買い方をしていたかもしれませんが、大外なら心配ないでしょう。ちなみにこの2頭はパイロ産駒。地方で活躍馬が目立つパイロだけに、これもプラスに出るのではないでしょう。

 

この2頭を軸にした三連複流しでいいんじゃないでしょうかね。ただ配当的にはあまり期待できないのでオッズとの相談になりますね。相手候補は⑤デンバーテソーロ⑥イッツクール⑦トーセンガーネット⑧シングルアップ⑩リンゾウチャネル⑪ホールドユアハンドということで、残念ですが園田以外の馬ということになってしまいますね。JRA勢が人気になりそうですが、この中でちょっと気になってるのは、⑦トーセンガーネットと⑩リンゾウチャネルの地方馬2頭です。

 

まずJRA勢についての評価ですが、⑥イッツクールは芝で成績が上がった馬で、新馬惨敗のダートではちょっと評価を下げたいです。⑧シングルアップは血統的にはダートをこなせていいですが、夏からの成長度が物足りない感じ。⑤デンバーテソーロはエーデルワイス賞2着からの参戦ですが、エーデルワイス賞の内容を見るとワンペースタイプに思えるので、園田の1400だとちょっと厳しいかなという気がしてます。それと牡馬相手でどうなんでしょうか。とすれば、地方で安定している⑦トーセンガーネット⑩リンゾウチャネルで間に合うんではないかという気がするのです。どちらも少しジリっぽいですが、なかなかレベルの高いレースを続けています。中央勢がモタモタしてるようなら食い込みもありでしょう。

 

配当的にあまり手を広げてもあれがあれであれなんで、ここは三連複2頭軸でオルトグラフ・デルマルーヴルから、トーセンガーネットとリンゾウチャネルの2頭でしぼってみます。ただ最後に、中央→浦和の⑪ホールドユアハンドも抑えに少し買ってみたいですね。前走は体重増で最後に脚が上がっての勝利でしたけど、絞れればここでも善戦可能かも。

 

  • 三連複2頭軸流し ②⑫-⑦⑩
  • 勝負度 ★★★★☆