2021 セントライト記念(中山)予想→秋伸びるハーツ産駒・グラティアス◎ ノースブリッジの復活も警戒☆

2021 セントライト記念(中山)予想→秋伸びるハーツ産駒・グラティアス◎ ノースブリッジの復活も警戒☆

セントライト記念(菊花賞TR・G2・3歳) 9月20日 中山 芝2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

なかなかの好メンバー。本番に直結するかは置いておいて、このレース自体面白いです。

嵌まれば一発

③ヴィクティファルス池添56
④ノースブリッジ岩田康56
⑪ルぺルカーリア福永56
⑫ソーヴァリアント戸崎56
⑬グラティアス松山56

③ヴィクティファルスは皐月賞・ダービーと成績は出ませんでしたが、スプリングS勝ちの実績は侮れず。④ノースブリッジは春は急仕上げ気味でしたが、立て直した秋は一変の可能性も。⑪ルぺルカーリアはモーリス×シーザリオの良血。秋が本番、真価が問われます。⑫ソーヴァリアントは札幌の2戦が楽勝。弥生賞だけ走っても重賞で通用する力は十分。⑬グラティアスは皐月賞が不利、ダービーは展開不向きと不完全燃焼。こちらも秋が本番と言う雰囲気でパワーアップも望めそうです。

安定・堅実型

⑦タイトルホルダー横山武56

春クラシックの準主役。ダービーはやや消極的な競馬。主戦の横山武に戻って積極策なら弥生賞の再現も十分。

展開次第で複勝圏

④タイムトゥヘヴン柴田善56
⑥レインフロムヘヴン石橋脩56
⑧レッドヴェロシティデムーロ56
⑨カレンルシェルブル横山和56
⑭ワールドリバイバル津村56

流れひとつで台頭もありそうな素質はみんな持ってますね。⑭ワールドリバイバルが前半どれだけ主張するか気になるところ。

危険な人気馬

⑩オーソクレースルメール56

ホープフルS2着の後に骨折。それ以来の実戦。かなりのハードルがありますね。これで来るようならミラクル。馬券検討の上ではかなりハイリスクな馬です。

苦戦必至

①ベルウッドネオ吉田豊56
②アサマノイタズラ田辺56

だいぶ相手が揃いました。馬券圏内への突入は至難の技かも。

逃げ・先行候補

  • ⑤ノースブリッジ
  • ⑦タイトルホルダー
  • ⑭ワールドリバイバル
  • ⑫ソーヴァリアント

意外とこの条件のわりに前傾タイプが揃いました。逃げ候補は3頭でどれも包まれたくないタイプ。途中から⑫ソーヴァリアントもプレッシャーをかけていきそうですし、レースの中盤で緩まないとスタミナ勝負に発展するかも。