2020 浦和 ニューイヤーカップ 仕分け予想 キャリアと安定感、チョウライリン◎

2020 浦和 ニューイヤーカップ 仕分け予想 キャリアと安定感、チョウライリン◎

水曜の浦和は新春の3歳重賞・ニューイヤーカップが行われます。昨年はトーセンガーネットがヒカリオーソをとらえて優勝。一昨年はヤマノファイト、三年前はヒガシウィルウィンと、同じく門別からの移籍初戦だった大物が勝利。大変な出世レースとなっています。今年もこれからの活躍を期待できそうな馬たちがいますし楽しみな一戦。仕分けしていきたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

当初は②グリーンロードを勝ち負けにしようかとも思いましたが、まだまだ未知など部分もあるのでここは一旦空欄にします。

 

【嵌まれば一発】②グリーンロード③ファルコンウィング④マンガン

②グリーンロードは勝ったレースはすべて楽勝。好調の川崎・高月厩舎。ここを勝って一気に躍進したいところ。ただ2戦目の惨敗が少し引っかかりますし、初の浦和でどうでしょう。③ファルコンウィングは前走は浦和デビュー馬によるリミテッド戦で大楽勝。気持ち良くレースをすると強い馬ですが、ごちゃごちゃした展開になると脆いタイプ。いい枠なのでポンと単騎逃げに持ち込めれば。地元浦和戦も魅力。④マンガンは前走まったくレースになりませんでした。やはり後方待機からの一発勝負が良さそう。道中馬群をうまくさばければ。

 

【安定型】⑦チョウライリン

差し競馬に転換してから非常に堅実。キャリア豊富で今回は地元・浦和。無様なレースにはならないでしょう。

 

【展開次第で複勝圏】①ピアノマン⑤モリデンスター⑥ヒイロメープル⑧マナーザマジック

このあたりは当日の浦和の馬場状態によって、変わってきそう。①ピアノマンは内有利の馬場になって、前が止まれば。他の馬たちはスピード型でうまく流れ込めれば可能性はありますが、枠順的に外を回されそうなので、コンパクトに回って来ればというところです。

 

【危険な人気馬】なし

②グリーンロード③ファルコンウィングともに、やり合った時に怖さはあります。

 

【苦戦必至】⑨ユウユウグリュック⑩シナノビクター⑪キョウエイカラー

外の3頭は明らかに力不足。枠順も不利で厳しいでしょう。

 

まとめ

浦和のマイルですから、馬場状態とレース展開がカギ。一応当日の明け方あたりに雨予報。雨量によってはやや重~重あたりに悪化する可能性もあります。馬場状態はつかみづらいところ。

 

レース展開としては②グリーンロード③ファルコンウィングという速くて人気になりそうな馬たちが内枠に入ったので、この2頭が引っ張っていく形で間違いなさそう。②グリーンロードの出方次第では③ファルコンウィングは苦しくなりますかね。他にも真ん中の枠あたりにスピードがある先行馬が何頭かいるので、ひとまずペースが遅くなるということはあまりないかなと思います。

 

ここは少し遊んで、キャリアと安定感を重視して⑦チョウライリンを軸に考えたいと思います。勝ち負けまでは難しい馬ですが、自在性があり堅実。ここは先行馬が多く、行かせたい馬に行かせてしまえば、あとは内目のコースに入れるはず。久々の地元・浦和戦ですし、あとは的場文男の手綱さばきに期待したいと思います。あくまで三連複の軸ですが。

 

⑦チョウライリンから三連複フォーメーション1頭目に⑦チョウライリン、2頭目に①ピアノマン②グリーンロード③ファルコンウィング④マンガン、3頭目にその他⑤モリデンスター⑥ヒイロメープル⑧マナーザマジックまで。配当的にはどうでしょうかね。②グリーンロード③ファルコンウィングがやり合ってくれるといいんですが。そうなると内を通った①ピアノマン④マンガンにもチャンスが出てくるはず。最後に応援も込めて、⑦チョウライリンの単勝も軽く買ってみます。

 

三連複フォーメーション ⑦-①②③④-①②③④⑤⑥⑧

単勝 ⑦

勝負度 ★★★☆☆