2018 川崎 ローレル賞 楽しみな一戦。ホウショウレイルではなく、スティールティアラ◎

2018 川崎 ローレル賞 楽しみな一戦。ホウショウレイルではなく、スティールティアラ◎

今週の川崎開催はロジータ記念がありますが、例年通り前日には2歳牝馬重賞・ローレが行われます。グランダムジャパンの1戦ですが、さすがに水沢のプリンセスカップに比べて門別勢のレベルも高いです。そしてここにはもう1頭、今南関東で最も話題になっている2歳馬である、

ホウショウレイルも参戦。門別勢との対決が見物です。私はひねくれまして、本命を⑥スティールティアラにしました。

 

とにもかくにも、注目は浦和・小久保厩舎の⑪ホウショウレイルのレースですね。デビュー以来3連勝、しかも着差が3.0、2.1、2.9という大楽勝。当然どれも余力十分の内容で、おそらく断然の1番人気になりそうですが、だからこそ欠点を探したくなるのが穴好きの性ですね。

 

ホウショウレイルのウイークポイントというか、今回の心配事と言えば、まずは一挙の相手強化。前走までは正直控えめなメンバー構成で、しかも頭数も8頭・5頭・10頭と少頭数競馬。今回はそれが12頭になって、さらにメンバーも門別のバリバリの馬たちが遠征してきます。仮にですが、もしホウショウレイルの前走のメンバーに、今回出走しているスティールティアラあたりがホウショウレイルの替わりに出ていたとしたら、やっぱり圧勝はしたと思います。今回は楽な相手ではないのは確かです。

 

次に心配なのは初の遠征・川崎競馬。まだキャリア3戦の馬ですから、コース替わりは気になる要素。ただそれに関しては他の門別勢も同じ条件ではありますから、やってみないとわかりません。そして最大の心配は、今回のレース展開です。これまで逃げて楽勝ですが、前走の競馬を見ると、決してスタートからの出脚が速い馬ではないと思います。今回は門別勢も速いですし、角川厩舎3頭出しで包囲網をしいてくる可能性もありそう。アークヴィグラスなんかは中央1勝馬相手に1200を先行して押しきれる馬ですからね。もしハナに行けなかった場合、どうなるかはわかりません。

 

そんな風に考えていくと、もし単勝1.5倍とかになるんなら、これだけリスクがあれば他の馬で遊んだ方がいいのかなと思いました。こないだの園田でのサムライドライブの時と状況は似てますね(結果出遅れて大敗)。

 

そこで⑥スティールティアラ。門別勢はどれも強力ですが、その中でもこの馬が一番マイル適性が高いと思います。小回りのマイル1周コースで、安定した先行力という意味ではベストなコースかも。あとは輸送と左回りがどうかというところ。それさえクリアすればです。

 

馬単マルチ流しでいきます。相手は一応元取り狙いで⑪ホウショウレイルもいれますが、⑦アークヴィグラス⑨パレスラブリー⑫グレイアンジェラの門別勢が主力。この3頭に順位をつけるなら、アークヴィグラス→グレイアンジェラ→パレスラブリーでしょうかね。パレスラブリーは距離が微妙ですし、門別の重賞では勝ち負けというところまで行ってないですからね。それならスタートに課題はありますが、グレイアンジェラの方が素質は上。アークヴィグラスは距離さえこなせれば、当然主力になってきます。◎スティールティアラ○アークヴィグラス▲グレイアンジェラというところです。この3頭は三連複も買ってみたいです。

 

南関東勢で実績があるのは②ダバイダバイですが、ここ2戦で体重が減り続けているのが心配。それなら社台の⑤ファイヤーアラームの素質が気になるところ。かなり厳しいレースになるでしょうが、抑えには入れておきたいです。

 

  • 馬単マルチ流し ⑥↔️⑦⑫⑤⑨⑪
  • 三連複 ⑥⑦⑫
  • 勝負度 ★★☆☆☆