2018 大井・マイルグランプリ 実績重視!リッカルド・ヒガシウィルウィンにディアデルレイがどこまで迫るか。

2018 大井・マイルグランプリ 実績重視!リッカルド・ヒガシウィルウィンにディアデルレイがどこまで迫るか。

今週水曜の南関東重賞は、大井で行われるマイルグランプリ。今年はかなり強力なメンバーが集まりました。伏兵陣も多彩で豪華ですが、やはり飛び抜けた存在なのが本命視されるであろう2頭。⑦ヒガシウィルウィン⑮リッカルドです。どちらも地方馬限定のレースでは抜けた存在。私もこの2頭でしょうがないと思ってます。一応順番をつけるなら、◎リッカルド○ヒガシウィルウィンでしょうか。

 

春の帝王賞では中央一線級相手に果敢に挑んだ2頭。結果はリッカルド4着・ヒガシウィルウィン5着と健闘。特に積極的にレースを進めたリッカルドは、かなり価値のある内容でした。リッカルドはその後、札幌のエルムSにも挑戦しましたが、そこでは瞬発力負けといった感じで6着でした。ただ南関東に戻れば話が違います。距離も100メートル短くなってさらにレースもしやすいでしょうし、状態も良さそう。外枠も機動力があるこの馬には好都合でしょうし、ここは条件が揃いましたね。

 

一方のヒガシウィルウィンも、大井記念・帝王賞とリッカルドに敗れていますが、その後のサンタアニタトロフィーでは久々のマイル戦でありながら快勝。前走の日本テレビ盃はさすがに中央トップレベルのレースで追走手一杯の5着でしたが、こちらも地方馬限定戦なら上位。マイル戦もここ最近では2度目になりますし、慣れも見込めるでしょう。

 

この2頭を軸にした3連複・3連単で攻めるしかないレースかなと思ってます。他の実力馬ですと、②クリスタルシルバー④トーセンハルカゼ⑤バルダッサーレ⑧オメガヴェンデッタ⑫ニシノラピート⑭キャプテンキング⑯モンドアルジェンテなど、どれも展開ひとつで食い込みがありそうですが、あまり手を広げても大きなリターンはなさそうな気がします。それなら1点勝負で遊ぼう!、ということで、私は相手に南関東移籍初戦の⑩ディアデルレイを推したいです。

 

中央では昨年、オープン特別を2勝。その両レースには中央在籍時のリッカルドも出走しており、共に7着とかなり差をつけていました。今年に入って馬券絡みはないですが、重賞レースが多く相手も強力。直近の函館・札幌戦を見る限り、大きな能力落ちもなさそう。思えば地方移籍当初のリッカルドも似たような中央成績から連勝が始まった気がします。鞍上も金沢の名手・吉原、あとは状態ひとつでしょうが、調教の様子を見るとなかなかの仕上がりの様子。ここは実績・実力に賭けてみたいです。

 

三連複でリッカルド・ヒガシウィルウィン・ディアデルレイ1点。これがほぼメインで、ディアデルレイ1着固定からリッカルド・ヒガシウィルウィンへの三連単流しも遊びで買ってみたいです。今のところ万馬券ですからね。ニシノラピートを行かせて2番手ですいすい行くと、大金星もあるかもしれませんよ。

 

  • 三連複 ⑦-⑩-⑮
  • 三連単1着流し ⑩→⑦⑮
  • 勝負度(今回から自信度から勝負度に変更してみます。★5段階評価で。)  ★★★★☆