2018 門別 北海道2歳優駿 門別>JRAか・・・ウィンターフェル◎

2018 門別 北海道2歳優駿 門別>JRAか・・・ウィンターフェル◎

木曜、門別では2歳のダートグレード・北海道2歳優駿が行われます。例年大物が揃うこのレース、昨年はドンフォルティスが勝って、門別勢はサザンヴィグラス・ヤマノファイト・ハッピーグリンという今や全国区の馬が揃った好カードでした。今年も注目の一戦ですが、今年は昨年に比べて大物感のある馬が少ない様子。中央・地方の差はほとんどない一戦ではないでしょうか。となれば地の利がある地元馬有利と見て、私の本命は⑦ウィンターフェルにしました。

 

デビュー戦は1000メートル戦を勝ちあがりましたが、当時のレースぶりや馬体から距離が延びて良さが出そうな馬でした。2戦目の栄冠賞では1200の短距離戦でありながら2着と好走。その後は中距離中心のローテーションで、芝の札幌・コスモス賞では奮いませんでしたが、その他のレースは安定しています。前走のサンライズカップでは勝ったマイコートにうまく乗られてしまっての2着でしたが、それでもメンバー最速の上がり。3着のイグナシオドーロには7馬身つけているので、悲観する内容ではないでしょう。頭数も増えて流れが速くなれば、この馬の堅実な末脚が生きてくるはず。本命で行きたいです。

 

相手探しはかなり難解。JRA勢の①トリガー⑧テイエムアカリオー⑨ミヤケ⑫イルジオーネは、どれも未勝利勝ちの1勝馬で時計的にも平凡。トリガー・イルジオーネはレース内容も大味で門別ナイターをこなせるか不安。テイエムアカリオーの前走は恵まれた感じもあります。ミヤケは初ダートですし、いくらルメールと言ってもやってみないとわからない感じです。あっさりこなしてしまうかもしれませんがね。私は門別勢でなんとかなると踏みました。

 

有力なのは⑥スズカユース。牝馬ですが、前走のフローラルカップではなかなか強いスティールティアラを差し切り。直線内が詰まって、外に持ち出してからのもので中身が濃いレースでした。距離が伸びて良さが出てきましたし、クローバー賞の内容からも中央勢と差はないんではないでしょうか。ここは地の利もありますし、対抗視したいですね。

 

そして怖いのは⑩イッキトウセン。前走はまったく折り合いがついてませんでした。今回は気楽に乗れそうですし、うまく脚を溜めていければ混戦だけに不気味。▲評価したいです。他では⑤マイコート。今回も園田の永島太郎が乗りますし、できれば外枠が良かったかもしれませんが、スムーズな流れになれば面白いです。イグナシオドーロも前走はつつかれて失速しましたが、楽逃げになれば一発があります。

 

ここは馬連・ワイド・三連複で。馬連・ワイドはウィンターフェルからスズカユース・イッキトウセンへ。そして三連複フォーメーションで、ウィンターフェル1頭目、2頭目スズカユース・イッキトウセン、そこから人気薄の馬に流して高目待ちでしょうか。門別勢で行きたいですね。マイコート・イグナシオドーロ、それに能力は秘めていそうな⑪サクセッサーや川崎帰りの⑭リンノレジェンドのどさくさでの3着食い込みまで。門別勢の表彰台独占に期待。

 

  • 馬連・ワイド流し ⑥‐⑦⑩
  • 三連複 ⑥‐⑦⑩‐②⑤⑦⑩⑪⑭
  • 勝負度 ★★★★☆