2018 天皇賞・秋 結局スワーヴリチャードになってしまいました◎

2018 天皇賞・秋 結局スワーヴリチャードになってしまいました◎

いよいよ日曜は天皇賞・秋。今年のメンバーを見ると頭数も少ないですし、飛ばしそうな馬もいません。これはスローペース濃厚でしょうか。しかし、決してただの切れ味勝負にならないのが府中の2000だと思ってます。悩みましたが、私の本命は⑤スワーヴリチャードにしました。

 

スローはスローに流れると思うのですが、途中からペースは上がると思うんですね。そうなると後半はかなり速いラップが長く続くんじゃないかと思います。純粋な2000メートルのスタミナではなく、後半1000メートルのハイラップの連続に対応できるスタミナが問われる展開になると踏みました。というか、個人的にそう決めました。そうなれば、大阪杯を自分から動いて勝ったスワーヴリチャードだと思います。

 

安田記念では3着でしたが、初めての1600で31秒台決着に対応したんですから立派だったと思います。いろいろ他の馬も考えましたが、総合的に見て、この馬から入るのがベターだと思いました。素直に本命で。

 

相手探しですが、人気になるであろう④レイデオロは緩急の効いたレースには強いでしょうが、スローからだんだん速くなるだけのレースとなると、それほど良さが生きないんではないかと思いました。ベスト中盤が緩む2200~2400かなと。もちろん、それでも来てしまうくらいの実力はあるでしょうが、配当も安いので他の馬を買いたいですね。

 

ということで、スワーヴリチャードから馬連・ワイド・三連複で、相手は①ステファノス③ヴィブロス⑦アルアインで行きたいと思います。まず3頭に共通してるのは、1600~1800くらいのレースにも対応できそうなところ。速いラップのレースでの粘り合いのような展開で頑張れそうです。ステファノスは昨年の不良の秋天はダメでしたが、2015・2016と好走。ここは絶好の舞台。前走の内容が久々に良かったですし、今回も内枠でいいところでレースができれば。ヴィブロスも好枠。今回は積極的なレースをするとの噂もありますし、混戦で牝馬の切れ味が生きるかもしれません。そしてアルアインは、やはり皐月賞の57秒台の勝ち時計は光ります。土曜の府中の芝も相当速かったですから、時計は大事になってくるはず。なんだかんだでレイデオロとは勝ったり負けたりの馬。この人気ならぜひ買いたいです。

 

他の有力馬では、⑥マカヒキではちょっと届かないかなと思います。⑩キセキは前半スローの場合に折り合いが心配。枠も若干不利かもしれません。宝塚記念勝ちの⑪ミッキーロケットですが、宝塚記念自体のレースレベルが疑問。⑨サングレーザーの決め手は魅力ですが、ロングスパートタイプではなく一瞬の切れ味のタイプだけに、府中のこのレベルのレースになると難しいかなと思いました。すべては、自分の想像するような展開になればの話ですが。

 

運悪く、前半2ハロンが速くなったりすると、中盤のラップが遅くなって緩急が効く展開になるでしょうから、状況は一変してくるでしょうね。あくまで入りがゆったりな展開を願っての予想です。

 

  • 馬連・ワイド・三連複1頭軸流し ⑤-①③⑦
  • 自信度 あまり期待せず、ちょい荒れ狙い。