2018 菊花賞 最後まで◎はエポカドーロ。

2018 菊花賞 最後まで◎はエポカドーロ。

クラシック3冠の最終戦・菊花賞。今週日曜、いよいよ発走です。枠順が発表されましたが、有力どころが内に集まった印象。個人的には予想がしやすくなった気がします。ひとまずこの菊花賞、私の本命は⑤エポカドーロで参りたいと思います。

 

思えばスプリングSで本命を打って以来、ずっと◎を付け続けています。なぜいつも◎なのかと言うと、それはこの馬の勝負強さと言うか、しぶとさが信頼できるから。勝ち負けはともかく並んでしぶといタイプで、これが大一番で大きな武器になると私は思ってます。実際皐月賞1着、ダービー2着と結果を出しています。

 

そんなエポカドーロにとって、前回の神戸新聞杯のレースは悪い要素が重なりまくった一戦でした。休み明けで出遅れ、そしてたんたんとした流れを中団後ろから追走。ワグネリアンの後ろからレースをすすめる形になってしまい、結果的にそのワグネリアンを差せず、後ろにいたエタリオウにも交わされての4着。もともと切れるタイプの馬ではないですから、あのスローを差すのは難しかったですし、ワグネリアンに並びかけることができない時点で勝負根性も発揮できませんでした。これでは良さがいきません。

 

今回はスタートも決めてくるでしょうし、枠順もロスなく運べる所に入ったと思います。3000のわりに引っ張ってくれる馬も多そうで、折り合いもつくのではないでしょうか。あとはこの馬のセールスポイントである、機動力と根性を発揮すれば馬券圏内は固いとみました。馬連・ワイド流しと、三連複フォーメーションの軸でいきます。

 

相手には、③ブラストワンピース⑥メイショウテッコン⑦ユーキャンスマイル⑩アフリカンゴールドブラストワンピースは距離が微妙に思えますが、内枠から中団で足をためていければ、直線だけで勝負になると思います。下手に道中動かなければ末脚が炸裂するはず。メイショウテッコンはアイトーンの後ろからのレースになりそうですが、2月に京都の梅花賞を勝っているように淀は合いそう。いい目標も前にいるので、はやめに抜け出してエポカドーロと追い比べとかになれば理想的。福島1800を勝つくらいの瞬発力もありますから怖いです。そして穴でユーキャンスマイルアフリカンゴールド。共に1000万勝ちからの参戦ですが、ユーキャンスマイルはステイヤーっぽいレースぶりと武豊が魅力。アフリカンゴールドは勝ちっぷりが良いのと、中二週という詰まったローテーションが逆に怖いと思います。以上4頭が相手候補。

 

そして三連複フォーメーション3頭目は穴っぽいところを買いたいです。②グレイル⑧カフジバンガード⑪コズミックフォース⑭グロンディオーズ⑯ステイフーリッシュ。乱戦での台頭に期待。

 

有力どころで軽視したのは④ジェネラーレウーノと⑨エタリオウ。私はこの2頭とも京都の3000は合わないんじゃないかなと思ったので評価を下げました。ジェネラーレウーノのベストは中山2200だと思ってまして、直線が長いコースだと切れ負けしそうな気がします。それでいて、決してステイヤーでもなく、中距離の持久戦がベストじゃないでしょうかね。エタリオウは一見距離が持ちそうですが、ベストは2400のペースだと思います。菊花賞は意外と、「距離が持つかな?」という馬の方が結果がいい気がするんですね。エアスピネルが3着に来たりしますから。たぶん菊花賞とは機動力が必要なレースで、勝負どころでの反応の良さも要求されるからじゃないですかね。古くから皐月賞馬と相性がいいのもそういうところでしょう。そうなると2400で後ろから追い込んでくるエタリオウみたいなタイプは、あまり菊とは相性良くないと思ったわけです。前走に比べて頭数が増えるのもいいとは思えませんし、配当に魅力も感じないので低評価で。

 

というわけで、「菊花賞は皐月賞なのか」というかつての杉本清さんの実況ではありませんが、皐月賞馬・エポカドーロの底力に期待です。

 

  • 馬連・ワイド流し ⑤-③⑥⑦⑩
  • 三連複フォーメーション ⑤-③⑥⑦⑩-③⑥⑦⑩②⑧⑪⑭⑯
  • 自信度 エタリオウに人気がかぶってほしいところ。