2018 船橋・日本テレビ盃予想と、園田・マジックカーペットの復帰戦について軽く。

2018 船橋・日本テレビ盃予想と、園田・マジックカーペットの復帰戦について軽く。

水曜の南関重賞は、この秋のG1戦線に向けて大事な一戦、日本テレビ盃が行われます。昨年は4頭の叩き合いで名勝負となりましたが、反面馬券的にはなかなか儲けにくいレースですよね。今年もヒガシウィルウィンがいるものの、中央勢有利の形は間違いありません。その中でも本命はやはり、⑥ケイティブレイブでしょう。

 

今年も距離不足で芝スタートだったフェブラリーS以外は安定したレースぶり。前走の帝王賞も負けて強しの内容。今回は内のテイエムジンソクを行かせて二番手の形が取れそうで、そうなれば流れは理想的。福永の復帰戦を飾れるのではないでしょうか。

 

配当もつかないでしょうから一点勝負しかないですかね。相手はその①テイエムジンソクの逃げ粘りに期待。フェブラリーSを使ってからバランスが悪いレースぶりになってしまいましたが、休養でリセットされていればスピード上位。左回りの1800は中京で1着、2着。2着はチャンピオンズカップですから価値があります。この2戦の大敗で、ここは背水の一戦のはず。ケイティブレイブが可愛がってくれれば粘れるんではないでしょうか。

 

④アポロケンタッキー⑨サウンドトゥルーも強力ですし勝っておかしくないんですが、ここは1点勝負しかないレースだと思うので、行った行ったに期待します。⑧ヒガシウィルウィンはまぎれて3着くらいが精一杯ですかね。

 

  • 馬連 ①-⑥
  • 自信度 基本的には、見るレース。

 

 

マジックカーペット、復帰!

さて、同じく水曜の園田競馬では、あの①マジックカーペットがついに復帰します。兵庫ダービー前に骨折、実に今回が1年4カ月ぶりの実戦。じっくり調整されてきたようで、能力検査では1400で1分30秒台をマークしたように態勢は整っている様子。メインレースのB1特別に出走しますが、メンバーを見ると能検の時計だけ走れば十分勝てそうですね。あとはレース勘がどうかというところ。7戦7勝、鞍上は木村健から変わって下原理との新コンビ。注目の一戦です。ちなみに馬券的には、相手に⑧テクノマインドで勝負してみます。