2018 毎日王冠 牡馬に強い、◎アエロリットから。 そして凱旋門賞も予想。

2018 毎日王冠 牡馬に強い、◎アエロリットから。 そして凱旋門賞も予想。

今週はまた3日間開催の中央競馬。そして京都も府中も今週から開幕ということで、いよいよ秋のG1シリーズに向けて盛り上がってまいりましたね。京都大賞典はまだ枠順確定していないので、まずは府中1800・毎日王冠の予想から入りたいと思います。本命は⑨アエロリットで。

 

安田記念で男馬相手に大健闘の2着。その前のヴィクトリアマイルでは稍重が合わなかったのか4着。ただこの馬の成績を見ていると、牡馬混合戦のレースの方が成績がいいことがわかります。理由を探すなら2点あるような気がするのですが、1つ目は牡馬と混じると人気が下がってマークが緩くなるという点。もうひとつは、この馬はクロフネの子供ですから、瞬発力勝負より持久力タイプ。決めて勝負だと分が悪く、切れもの揃いの牝馬限定戦だとよーいドンで切れ負けするのかなと思いました。どちらも推測ですが、とにかく牡馬戦に強いのは事実。今回のメンバーを見ても、ゆったり流れるのは確実で、逃げか2番手という展開なら、中山記念のように粘っこいレースをしてくれるのではないでしょうか。三連複の軸でいきたいです。

 

アエロリットがどれだけ人気になるかわからないですが、ひとまず馬連・三連複1頭軸でいきたいですね。相手にはここ数年の傾向からも、マイル寄りの瞬発力タイプを選びたいところ。そうなると、②ケイアイノーテック④サトノアーサー⑤ステルヴィオ⑥サンマルティン⑦ダイワキャグニーの5頭で。

 

ケイアイノーテックは休み明けですが順調な仕上がりの様子。ここで食い込むには時計を詰めるのと1ハロンの距離延長が課題ですが、一夏越しての成長に期待。サトノアーサーもようやく本格化の雰囲気。エプソムカップとのつながりも大きいレースですし、府中1800連勝も十分。そのエプソムカップでは道悪に泣いたダイワキャグニーも、去年4着時よりメンバーが落ち気味の今年の毎日王冠なら着順を上げられるかも。ステルヴィオはようやくベストの舞台でレースができますし、3歳馬で斤量も有利。そして穴はサンマルティン。前走の惨敗を見ると、現在は1ターンの1600~1800がベストな感じ。切れ味勝負なら負けません。

 

  • 馬連・三連複1頭軸流し ⑨-②④⑤⑥⑦
  • 自信度 これはなかなかいけるはず。まずはきれいに当てたい。

 

 

2018 ロンシャン・凱旋門賞

そして最後に、日曜深夜に行われる凱旋門賞についても軽く触れてみたいと思います。今年は3年ぶりにロンシャンに戻る凱旋門賞、日本から武豊騎乗の⑨クリンチャーが出走しますが、フォワ賞の敗戦を見るとかなり厳しい競馬になりそうですね。日本のオッズで単勝何倍になるんでしょう。みんな馬券となると結構クールですから、意外と50倍くらいついたりするんでしょうかね。

 

なんと言っても注目は昨年の覇者⑩エネイブル。頓挫もありつつ、長い休養から復帰した前走のオールウェザー戦を逃げ切り。当然今回も注目ですが、不安要素もあります。前走でこなしているとは言え、斤量が去年より3キロ増の58キロはなかなかのハードルです。スムーズに運べないと紛れがあるかも。

 

私は穴っぽく買いたいので、⑧タリスマニック⑨クロスオブスターズあたりを三連複フォーメーションの1頭目に置いた馬券で遊びたいです。そして2頭目3頭目に、この2頭と⑩エネイブル⑬ヴァルトガイスト⑭キューガーデンズ⑮シーオブクラスで行ってみたいです。しぶとく伸びてきそうな馬が2、3着に伸びてくるレースだと思うので、善戦マン2頭に期待します。

 

  • 三連複フォーメーション ⑧⑨-⑧⑨⑩⑬⑭⑮-⑧⑨⑩⑬⑭⑮
  • 自信度 エネイブルが飛んでくれると助かる。