2018 優駿スプリント ヴィブラビの短距離適性に◎

2018 優駿スプリント ヴィブラビの短距離適性に◎

今週の大井の目玉は水曜日の帝王賞ですが、その前の今日・火曜にも重賞が組まれています。3歳の短距離決戦・優駿スプリントです。毎年混戦模様のこのレース、先行馬も揃い激しい展開になりそうですが、本命は⑦ヴィブラビにしました。

 

休み明けの前走で2着。状態は今一つだったようですが、それでもサンニコーラは封じました。道中の行きっぷりが軽快で、短距離適性を感じます。デビュー2連勝はこの大井1200。特に2戦目の内容やタイムは優秀。今回は前走より状態も上がっているでしょうし、速い馬を見ながらいいポジションにつけられればチャンスありじゃないでしょうか。

 

相手にはまず②サンニコーラ。鬼脚がある馬ですが、スタートが速くなくてどうしてもポジションが悪くなります。ここも内枠でどう捌くか、御神本の手綱捌きにかかっています。⑥ビッグマロンは前走ある程度抑える競馬でも崩れませんでした。短距離経験豊富な点は魅力。⑫シングンレガシイは強豪相手に健闘してきましたし、本来スピードタイプでこの距離にも対応できそう。血統的にも渋太そうです。

 

ヴィブラビからこの3頭にワイド流し。あとは遊びで三連複フォーメーションを少々。3頭目にこの3頭の他、①キタノシャガール⑪クルセイズスピリツ⑭アヴァレソー⑮ユニバーサルライトなど穴っぽいところへ。

 

  • ワイド流し ⑦-②⑥⑫
  • 三連複フォーメーション ⑦-②⑥⑫-②⑥⑫①⑪⑭⑮
  • 自信度 さほど期待せず購入。