大阪杯・最終予想。素直にスワーヴリチャード◎。

大阪杯・最終予想。素直にスワーヴリチャード◎。

大阪杯、最終予想です。前回は今年の大阪杯の予想のポイントをお送りしましたが、それをふまえての最終結論です。いろんなところから買えるレースではありますが、結局のところ私の本命は⑮スワーヴリチャードにしました。デムーロ様です。なんて素直なんでしょう。

 

本命にいたった理由は、やはり上昇度と欠点の少なさですね。右回りはどうなんだろうって言われてますが、内有利だった有馬記念で外から小差の4着なら十分じゃないでしょうか。前哨戦の金鯱賞も人気馬らしい勝ち方でしたし、外枠から不利もなくレースができるとなれば、変にあれこれ考えずにおとなしく本命を打ちたいと思います。とはいえ、混戦であることは間違いないレースですから、単勝というよりは三連複の軸にしたいです。

 

三連複はフォーメーションで買います。1頭目をスワーヴリチャードで、2頭目に何頭かピックアップします。内から④シュヴァルグラン、⑤ペルシアンナイト、⑧アルアイン、そして⑨トリオンフ。④シュヴァルグランも穴は少ないですが、今回は休み明けと距離短縮が心配。ただ馬群を割ってくる力はこの馬が一番ありそうですし、内枠が合います。仕上がっているなら当然馬券圏内でしょう。⑤ペルシアンナイトは、すべてがうまくいった時には一変がある馬です。中山記念はデムーロの乗り違えな感じでしたから、今回は福永がどう乗るか。するすると内から進出すると熱い結果になるかも。外に回したらノーチャンスでしょうかね。⑧アルアインも似たタイプですが、こちらの方がより積極的に動きそうですね。安定してますし人気になるのはわかりますが、反面最近は何かにやられるイメージも強いです。馬券圏内なら十分ありえますが、単勝とかを買う気はあまりないです。⑨トリオンフはまさに今年の大阪杯の最大の惑星です。ここ2戦の勝ち方が4コーナーであっという間に先頭に立つレース。有力馬たちがけん制し合っているときにすーっと先頭に立ってそのまま、なんてこともなくはないでしょう。ただ坂の上で止まる気はするんですけどね。

 

以上が3連複の2列目で、3列目に上記の4頭に加えて、①ミッキースワロー②サトノダイヤモンド⑥スマートレイアー⑦ゴールドアクター⑪ウインブライト⑭ダンビュライトというところ。サトノダイヤモンドは最近ズブいだけに、内をさばけるかが心配。馬券的な妙味もないので抑えまで。ここだとスマートレイアーとかきたらすごいですね。ゴールドアクターは厳しいと思いますが、きた時にとても悔しいので買っておきます。

 

ちなみに今日のダービー卿CTの記事を書く時間がなくて、ちょっとツイッターで「ストーミーシー複穴」ってつぶやいただけにしてしまったのが大変悔やまれるので、大阪杯もぜひ当てたいです。

 

三連複 ⑮-④⑤⑧⑨-④⑤⑧⑨①②⑥⑦⑪⑭ 計30点

自信度 まずまず。あとは配当。