2018・大阪杯回顧・・・スワーヴリチャード快勝!馬も騎手も一枚上だった

2018・大阪杯回顧・・・スワーヴリチャード快勝!馬も騎手も一枚上だった

大阪杯はスワーヴリチャードが、見事な向正面まくりを決めて快勝。スタートが少し遅れて後方になりましたが、そこから向正面で一気に進出、4コーナー先頭からそのまま押し切りました。

 

レースはヤマカツライデンが逃げてダンビュライトが2番手。1コーナーまではそれなりに流れましたが、大勢が決まってからはどんとペースが落ちた感じ。そこでデムーロが動いていきました。見ての通り、あのタイミングが勝因です。あれを怖がらずにできるということが、デムーロのすごさであり、それを許してしまう日本のジョッキー(陣営)の弱さですかね。スワーヴリチャード自体それほどタメて切れるタイプではないですし、引っかかる感じの馬でもなさそうなので、ああいう戦法ができたという部分もあるでしょうけどね。しかも外枠でしたからやりやすかったです。直線でもいつもの安定した末脚で危なげなかったですね。文句なしのG1制覇。馬も騎手も、一枚上の競馬をしたと思います。

 

ペルシアンナイトは持ち前の瞬発力をしっかり発揮して2着。3着アルアインも、良くも悪くもアルアインらしいレースをしたと思います。結果としては、気づいたらスワーヴリチャードにセーフティリードを奪われていた、というところでしょう。アルアインはこれからもこういう着順が多くなるんじゃないでしょうかね。安田記念なんかが一番チャンスありそうな気がするんですが、これからどこを使うんですかね。

 

ヤマカツエースは立ち回りのうまさを生かして4着。ミッキースワローはよく伸びてますが、今日のところは馬場の差もあったかもしれません。前が止まるような馬場だと面白いです。トリオンフは予想通り4コーナーで先頭争いに参加しましたが、やはりそこからのパンチ力で劣りました。パドックでの体を見るとまだまだな感じなので、秋にもう一段階強くなってほしいです。

 

サトノダイヤモンドは、想像していた最悪なレースになりました。ペースが落ちて、内に閉じ込められ、どんどんポジションが悪くなって外に出して終了。「こうなったらまずい」というレースをそのままやってしまいました。今日のところはひとまず枠順でしょうけどね。ただ、やはりズブくなっているのは確かです。タメていたわりには、直線で同じ位置にいたミッキースワローにも離されてしまいましたし。これから難しくなってきたと思います。シュヴァルグランは、終わってみればまだまだだったというところ。本番はあくまで次なんでしょう。

 

ちなみに予想の結果ですが、見事にトリガミでしたね。実際はちょっと厚めに買っていたので若干プラスでしたが、まぁ参加賞みたいな感じですね。これからスワーヴリチャード時代到来なんでしょうか。内でつつまれるとどうなるかわかりませんけど、かなり欠点の少ないタイプの馬にはなっていくでしょうね。