2018・浦和・桜花賞予想…◎プロミストリープにゴールドパテックを絡める。

2018・浦和・桜花賞予想…◎プロミストリープにゴールドパテックを絡める。

明日は浦和の桜花賞。例年枠順と展開に激しく影響されるレースですが、それに加えて当日は大雨の予報。これはますます内先行有利な感じでしょうか。そんな内先行を楽に実行できる1枠を引いた、「例の馬」を◎にします。そう、本命は①プロミストリープです。

 

今年も中央から南関クラシック狙いの移籍馬がやってきましたね。でも私はこの作戦に対して、それほど否定的ではないんです。むしろ健全だと思いますね。この件についてはここでは一旦置いておいて、プロミストリープは中央2戦2勝、しかもデビュー戦は2着に1.5秒つけて勝ってます。時計も休み明けの前走なんかは今ひとつですが、デビュー戦はなかなかです。どちらも好位抜け出しですから浦和にも対応できるでしょう。このクラスの馬が移籍して桜花賞挑戦なんて今までないですからね。おまけにポールポジションとも言える1枠まで引いて…逆らえないんではないでしょうか。

 

当面のライバルは門別組である④ストロングハート⑦グラヴィオーラですが、2頭とも欠点が少ない反面、若干詰めが甘いです。⑧エターナルモールがまたガンガンいくでしょうから、その流れでもしプロミストリープが圧勝でもしたら、④⑦は最後脚があがってしまうかも。

 

ということで、あまりこのあたりのごちゃごちゃに巻き込まれないでレースのできる、⑥ゴールドパテックを○にしたいと思います。川崎のレースを見ていると小回りの方が差しが決まりやすそうなタイプな気がします。相手なりに走りそうなので、この2頭で3連複流しをコンパクトに実行してみたいです。

 

④⑦の他に、ユングフラウ賞逃げきりの⑧エターナルモールと、1回叩いた⑨ハタノサンドリヨンも無茶苦茶なレース展開になれば少しだけチャンスがあるかも。

 

三連複 ①⑥-④⑦⑧⑨

自信度 まぁ、なんとかなるでしょう。