今週の気になる◯地方馬(2023年1月21・22日)

中央競馬

1月21日(土曜)

中京8R カズプレスト

再転入初戦の前走が圧勝。2着に3馬身、3着にさらに4馬身差をつける強さ。園田の1400(良)で1.29.0は伊達ではなかったですね。昇級でも十分通用しそう。

小倉11R マジック

高知で3連勝して、JRA復帰戦の1勝クラスで逃げ切り。キャリアも浅く上積みもまだまだありそう。今回昇級、同型多数、斤量増と課題山積で、どこまでやれるかは未知数ですが、3走前の高知の時計は、イグナイターが勝った黒船スプリンターズCよりも速い時計ですからね。押し切りまであるかも。

1月22日(日曜)

中山8R ドリームビリーバー

おそらく人気でしょうけどね。前走が着差以上の圧勝。昇級ですが、現級の面々があまり成績が良くないですし、ここは確勝級かも。

中京8R パレフォーコン

園田で4戦3勝。JRA時代が未勝利ですが、着外なしと堅実。ここはざっと見渡すと、スプリント戦のわりに特別速い馬がいないですからね。一気に押し切りもあるかも。人気がほどほどなら、ちょっと楽しみ。

小倉3R ニシノコチ

門別で5戦4勝。二の脚がかなり速いですからね。1000で3戦3勝、小倉1000は合いそう。前走の門別の時計も、重馬場とは言え優秀。同じ門別から転入組のドリームビリーバーやダルダヌスが1勝クラスを突破していることを考えると、初戦から期待できます。あとは当日の馬体重が要チェックですかね。

タイトルとURLをコピーしました