2023 日経新春杯(中京)予想→斤量有利なロバートソンキー・ヴェローナシチー◎◯ 馬場悪化ならハヤヤッコ・サンレイポケット☆

中央競馬

日経新春杯(G2・ハンデ) 1月15日 芝2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

ハンデ戦ですし、微妙に斤量の影響はでてきそう。あとは週末の雨の影響がどれだけ残るかですね。

嵌まれば一発

③ロバートソンキー伊藤工57
⑫プラダリア松山56

③ロバートソンキーはオールカマーでジェラルディーナの2着。まだ脚を余してましたし、57キロも比較的有利。⑫プラダリアは菊花賞でそこそこ。切れずバテずのタイプで、うまく立ち回れば。

安定・堅実型

⑧ヴェローナシチー川田54

距離が長かった菊花賞以外はまさに相手なりの競馬。54キロならここもそれなりの競馬。

展開次第で複勝圏

①ヤマニンゼスト武豊55
④ハヤヤッコ吉田隼58.5
⑥ダンディズム富田55
⑨プリマヴィスタMデムーロ54
⑪イクスプロージョン和田竜57
⑬アフリカンゴールド国分恭58
⑭サンレイポケット鮫島駿58

自分の形に持ち込めばみんなそこそこやれそう。

危険な人気馬

②ヴェルトライゼンデイーガン59

やっぱり59キロがどうですかね。ジャパンカップのレースレベルもちょっと謎。道悪自体は悪くないタイプですが、この斤量だとこたえるかも。

苦戦必至

⑤モズナガレボシ角田河55
⑦プライドランド福永54
⑩キングオブドラゴン坂井瑠55

ハンデは恵まれてますが、突き抜けてくるほどの迫力はないですね。

逃げ・先行候補

  • ⑬アフリカンゴールド
  • ⑩キングオブドラゴン

枠の並びとしては⑩キングオブドラゴンがハナを取れそうですが、⑬アフリカンゴールドがハナ切り宣言してますからね。これが主張して逃げそう。どちらにしてもそんなに速くはないでしょうね。平均的なラップが並ぶ感じ。

見解

JC2着で実績一番の②ヴェルトライゼンデは、今回59キロ。今年の1キロ斤量増量がここで効いてきそうな気がしてます。昨年までの58キロならある程度信用できたんですが、さすがに59キロとなると最後の決め脚に影響が出そう。JCもそこまでレベルは高くなかったですしね。

ということで、ここは斤量的に有利な2頭、③ロバートソンキー⑧ヴェローナシチーでいってみます。どちらも勝ちきれないタイプにも思えますが、それぞれ57キロ・54キロと、ライバルに対してはまずまず有利。③ロバートソンキーはオールカマーで脚を余して2着。しかも勝った相手がジェラルディーナですからね。中京3戦2勝・3着1回と好相性で、重賞奪取のチャンス。⑧ヴェローナシチーは自己条件の前走で勝てなかったのは気になりますが、まあそういう馬だということで割り切っていいのかも。むしろ勝てなかったことで、54キロで出られるのは有利。枠も動きやすそうなところに入れましたし、あとは絶好調の川田にお任せ。また2着3着あたりを期待。

③ロバートソンキー⑧ヴェローナシチーの馬連・ワイド。あとは三連複2頭軸で配当が良さそうな馬へ。①ヤマニンゼスト④ハヤヤッコ⑥ダンディズム⑨プリマヴィスタ⑪イクスプロージョン⑬アフリカンゴールド⑭サンレイポケットへ。軽ハンデ勢の一発やら、道悪が残っての紛れなどがあればいいですね。馬場悪化なら④ハヤヤッコ⑭サンレイポケットが怖いですよね。重以上ならこの2頭を交えた4頭ボックスも面白そうです。

馬連・ワイド ③-⑧

三連複2頭軸流し ③⑧-①④⑥⑨⑪⑬⑭

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました