2018・桜花賞、あれこれ考えずにラッキーライラックとリリーノーブル◎○

2018・桜花賞、あれこれ考えずにラッキーライラックとリリーノーブル◎○

明日は桜花賞。今年は有力どころが順調に駒を進めてきた感じですね。今週の川崎競馬の予想がうまくいかなかったので、ここはすかっと当てたいところ。◎は

無敗の2歳女王①ラッキーライラックにしました。

 

前走も危なげない勝ち方。若干反応は鈍いタイプかもしれませんが、一度エンジンがかかれば止まらないイメージ。問題はやっぱり1枠1番。包まれないように石橋騎手には乗ってほしいところ。前半から積極的にポジションを取りにいけば大丈夫なはず。きっとそう乗ってくれるはず。すべては騎手にかかってると思います。ここは男前を信じて◎。

 

ラッキーライラックの逆転候補と目されているのが、シンザン記念勝ちの⑬アーモンドアイ。圧巻の末脚で、シンザン記念を勝った牝馬は強い説も広がってますから人気も当然ですが、今回心配なのは体重ですかね。デビューから体重が減り続け、今週の輸送前の計量での馬体重がかなりぎりぎりにうつります。当日何キロ減になるか心配。そしてあの勝ち方もちょっと怖いんですよね。切れすぎというか。坂で止まらないかなぁと。いろいろと心配。楽勝もありえる馬ですけどね。

 

であれば、対抗は⑨リリーノーブルです。阪神JFとチューリップ賞では⑰マウレアとともに、ラッキーライラックにやられてしまったわけですが、そんなに差があるわけではないですし、普通に強い馬だと思います。しかもこちらは枠順がいい。

 

チューリップ賞に関してはあくまで前哨戦でしたし、少しかかり気味。そのぶんマウレアに差されたんだと思ってます。マウレアは順調に使われてきてましたし、桜花賞の権利を取るために仕上がっていたでしょうからね(リリーはプラス4、マウレアはマイナス8)。上積みで言ったらリリーノーブルの方が上なはず。

 

ということで今回は、あれこれ考えず◎ラッキーライラック○リリーノーブルの馬連1点で様子を見たいと思います。普通の予想ですが、ただ若干アーモンドアイに人気が行っているので、馬連もそこそこつきそう。7倍8倍くらいだったらおいしい気がします。ひとまず馬連1点。下手に手を広げてもハイリスクローリターンだと思うので。

 

あとは人気薄へ①⑨から3連複流しを遊びで買うくらいですかね。桜花賞で穴を開けそうなタイプって、どちらかというと1600で良績がある馬より1200~1400で実績があるタイプじゃないかなと勝手に思ってるので、Fレビューを使った組、②アマルフィコースト③リバティハイツ④アンコールプリュ⑩アンヴァル⑫デルニエオールあたり。アマルフィコーストは前走落馬でしたけどね。1400走ったことに違いないですし。あくまで釣れたらいいなって感じで流してみます。

 

馬連 ①-⑨

三連複 ①⑨-②③④⑩⑫

自信度 川崎がうまくいかなかったのでね。その時点で自信はないですが、G1は二週続けて当たってますからね。それなりの自信はあるんですけどね。でも川崎がうまくいかなかったんでね。