2022 オータムカップ(笠松)予想→笠松では一枚上のウインハピネス◎ アンタンスルフレと、岡部誠・吉原寛を相手に☆

地方競馬

オータムカップ(北陸・東海・近畿交流・1着賞金400万円) 10月6日 笠松 ダート1900米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

遠征馬も多く、力の比較が難しいですね。ジリっぽい馬が多いですから、立ち回りが重要になってきそう。

嵌まれば一発

④タイセイメガロス今井貴57
⑤フューリアス(金沢)青柳正57
⑧ウインハピネス大原浩57
⑪イイネイイネイイネ渡邊竜55

④タイセイメガロスは笠松の環境がいいのか、移籍初戦で東海クラウン勝ち。ただ今回はちょっと相手のレベルは上がってますからね。金沢⑤フューリアスは中央武者修行から帰ってきて連勝。堅実タイプですが、決め手比べでどうでしょう。⑧ウインハピネスは通常なら勝ち負け。あとは休み明けでデキ次第。⑪イイネイイネイイネは3歳相手なら堅実ですが、古馬相手が未知数。世代レベルにかかってますね。

安定・堅実型

⑦アンタンスルフレ丸野勝57

先行安定。東海2戦目で上積みもありそう。

展開次第で複勝圏

③マコトガラハッド藤原幹57
⑥ウインリベルタ塚本征57
⑨トロピカルストーム東川慎57
⑩ロッキーブレイヴ岡部誠57
⑫サンライズハイアー(金沢)吉原寛57

このあたりもそれほど差がないですから、うっかり四角先頭の形にでもなれば。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①アスタークライ加藤聡57
②マジックバローズ深澤杏57

よほど展開が向いても辛いかも。

逃げ・先行候補

  • ⑥ウインリベルタ

同厩舎・同馬主4頭出しで、⑥ウインリベルタはひとまず逃げそう。あとの順番は正直出たなりで変わりますね。みんな好位にはつけたいはずで、ペースは平均ですかね。

見解

休み明けですが⑧ウインハピネスを信頼。2019年のこのレースの勝ち馬で、笠松ダート1900は着外なし。ここ2戦も58キロで快勝。今の笠松では頭ひとつ抜けた存在ですね。ここは同厩舎4頭での参戦でそれだけでも有利ではありますし、悪くても馬券内にはまとめてくるでしょう。

相手選びが難しいところですが、一応⑦アンタンスルフレと、⑩ロッキーブレイヴ⑫サンライズハイアーあたりはどうでしょうか。⑦アンタンスルフレは移籍初戦が馬体減で頑張りましたからね。上積みがあれば、これも上位には食い込んできそう。あとは⑩ロッキーブレイヴ⑫サンライズハイアー。やはり岡部誠・吉原寛という名手が乗りますからね。共にちょっと距離が長い気もしますが、その分スピードはありますし、あとはジョッキーの工夫で善戦ないかなと思ってます。

馬連・ワイドで⑧ウインハピネスから、⑦アンタンスルフレ⑩ロッキーブレイヴ⑫サンライズハイアー。あとはこの形から三連複フォーメーションで、3頭目にその他③マコトガラハッド⑥ウインリベルタ⑨トロピカルストームへ軽く。③マコトガラハッドはやはり実績はありますし、⑥ウインリベルタはすいすい行ければ。あとは⑨トロピカルストームの死んだふり作戦まで。

④タイセイメガロスは南関時代の走りが微妙です 謎が多いですし、⑤フューリアスは金沢で連勝はしてますが、全国区の重賞だと決め手不足ではありますからね。ここは岡部・吉原に期待します。

馬連・ワイド ⑧-⑦⑩⑫

三連複フォーメーション ⑧-⑦⑩⑫-⑦⑩⑫③⑥⑨

勝負度 ★☆☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました