2022 ゴールドジュニア(大井)予想→ポリゴンウェイヴのキャリア優勢◎ ベストウォーリア産駒ピノホホッア注目☆

2022 ゴールドジュニア(大井)予想→ポリゴンウェイヴのキャリア優勢◎ ベストウォーリア産駒ピノホホッア注目☆

ゴールドジュニア(2歳・1着賞金1200万円) 9月22日 大井 ダート1200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

ポリゴンウェイヴVS南関の素質馬という図式。

嵌まれば一発

①ピノホホッア山崎誠54
⑥ポリゴンウェイヴ左海誠54
⑩ナックサンライズ達城龍54

①ピノホホッアは浦和のデビュー戦でなかなかいい走りで快勝。2戦目で重賞、初ナイターで最内とハードルは多いですが、スケールの大きさは感じますね。⑥ポリゴンウェイヴは門別実績と前走の強さを考えれば当然勝ち負け級。ただ同型が多いですからね。どこまで包囲網を敷かれるか。⑩ナックサンライズは2戦2勝。器用なタイプで脚質に幅がありそう。あとは決め手勝負でどうでしょう。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

⑧ポーチュラカ小杉亮54
⑨ブルマリンシェール西啓太54

⑧ポーチュラカは新馬勝ちしましたが、ここは一気に重賞。上積みがどれだけあるか。⑨ブルマリンシェールは相手なりに走ってますからね。少なくともナックサンライズとはそれほど差はないかも。

危険な人気馬

④リベイクフルシティ和田譲54

3戦3勝で注目ですが、正直相手に恵まれていた部分はありそう。左右に速い馬がいますし、距離短縮で対応できるか心配。

苦戦必至

②サンドエンプレス矢野貴54
③グリーリー古岡勇54
⑤ロアリングルックス安藤洋54
⑦ラドリオ岡村健54
⑪ジンステージ東原悠54
⑪キュアドリーム本田重54

追って味があるタイプでもないですし、ちょっと迫力に欠ける印象。

逃げ・先行候補

  • ⑥ポリゴンウェイヴ
  • ⑧ポーチュラカ
  • ①ピノホホッア
  • ④リベイクフルシティ
  • ⑩ナックサンライズ

⑥ポリゴンウェイヴの二の脚の速さが一枚上。人気どころはポリゴンマーク。⑥ポリゴンウェイヴがどれだけ強い競馬をするかがポイント。

見解

やはりダッシュ力と完成度で⑥ポリゴンウェイヴですかね。前走初の左回りでも強い競馬でしたし、ベストは右回りのワンターンでしょう。マークしてくる馬たちをねじ伏せる競馬を期待。

相手は言いにくい名前の①ピノホホッア。デビュー戦は時計も速かったですが、距離が延びてまだまだ伸びしろがありそうな内容。530キロ近い巨漢で上積みも十分。ベストウォーリアの子がなかなか好調ですからね。走りを見ていると結構お父さんに似ている感じもします。ポリゴンに食らいついて欲しいところ。

馬連・ワイドで①ピノホホッア⑥ポリゴンウェイヴが本線。あとは三連複でこれに⑨ブルマリンシェールを加えて。すぱっとは切れませんが堅実なタイプ。ポリゴンを追いかけた馬が止まって、それを拾えれば。

馬連・ワイド ①-⑥

三連複 ①⑥⑨

勝負度 ★★☆☆☆