2022 セントライト記念(中山)予想→堅実とアスクビクターモアと、血統魅力のガイアフォースから☆

2022 セントライト記念(中山)予想→堅実とアスクビクターモアと、血統魅力のガイアフォースから☆

セントライト記念(G2・菊花賞TR) 9月19日 中山 芝2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

秋のクラシックトライアルらしく、春の実績馬か上がり馬かが焦点のレースではありますが、今回はそれに加えて天候も影響を与えてきそう。

嵌まれば一発

⑥オニャンコポン菅原明56
⑨ガイアフォース松山56

⑥オニャンコポンは京成杯勝ちで皐月賞も見せ場あり。外回りではありますが中山は合いそう。⑨ガイアフォースは前走高速馬場だったとは言え、すごい時計で1勝クラス圧勝。道悪になってもまあまあ大丈夫そうですし、このコースで先行力は気になりますね。

安定・堅実型

⑦アスクビクターモア田辺56

常にクラシックで上位を走っていた馬。堅実そのものですからね。あとは破壊力のある馬にやられるかどうか。

展開次第で複勝圏

③マテンロウスカイ横山典56
④ラーグルフ戸崎56
⑤セイウンハーデス56
⑧ショウナンマグマ横山武56
⑩ベジャール北村友56
⑪キングズパレス松岡56
⑬ボーンディスウェイ石橋脩56

ちょっと決め手に欠けますが、それでも上位と大して差はない感じ。中山2200の適性は重要。

危険な人気馬

①ローシャムパークルメール56

前走強烈な勝ち方。満を持しての重賞挑戦ですが、最内枠が気になる材料。もし雨が重なったりするとさらに不安。

苦戦必至

②ロンギングエーオ横山和56
⑫サイモンバロン三浦56

上記の馬に比べるとスケールで落ちますかね。重賞では厳しそう。

逃げ・先行候補

  • ⑧ショウナンマグマ
  • ⑨ガイアフォース
  • ⑦アスクビクターモア
  • ⑬ボーンディスウェイ

⑧ショウナンマグマが全力でハナ。⑨ガイアフォースは番手で流れに乗りたいですね。⑦アスクビクターモアは弥生賞の競馬をしたいところでしょう。

見解

⑦アスクビクターモアの実績は断然で、大崩れもしない馬ですからね。やはり馬券からは外せないかなという感じ。そこにもう一頭何を絡めるかですが、期待したいのは⑨ガイアフォース。前走の小倉レコード勝ちは置いておいて、キタサンブラック×クロフネという血統が、いかにも中山外回り2200で力を出せそうに思いました。ストップアンドゴーのコースより、長く脚をダラダラ使うようなコースが合う血筋。瞬発力はいらないレースだと思うので、ここはこの2頭が前々で粘りこむ展開に期待。

馬連・ワイドで⑦アスクビクターモア⑨ガイアフォース。あとは三連複の高め待ちで、③マテンロウスカイ④ラーグルフ⑤セイウンハーデス⑧ショウナンマグマ⑪キングズパレスあたりの伏兵へ。トライアルですし、3着狙いの馬の台頭は警戒したいところ。①ローシャムパークはまったく未知数ですからね。ここですっきり勝つようなら一気に菊の主役になりそう。⑥オニャンコポンは内回り2000の方が末脚が切れそうは気がしてます。うまく捌いた伏兵が上位に飛び込んでくれれば。

馬連・ワイド ⑦-⑨

三連複2頭軸流し ⑦⑨-③④⑤⑧⑪

勝負度 ★★★☆☆