2022 ルーキーズサマーカップ(浦和)予想→北海道の快速・ポリゴンウェイヴ◎ 相手はワールドバトルの差し◯

2022 ルーキーズサマーカップ(浦和)予想→北海道の快速・ポリゴンウェイヴ◎ 相手はワールドバトルの差し◯

ルーキーズサマーカップ(2歳・オープン) 8月31日 浦和 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

④ポリゴンウェイヴ左海誠55

早くも「都会」・南関に移籍してまいりました。ここはかなり相手にも恵まれてますし、スピードで押し切れそう。

嵌まれば一発

なし

安定・堅実型

⑤ニッショウミライ寺島憂54

2着続きで一応安定。ただやはり詰めが甘いですね。

展開次第で複勝圏

⑥ワールドバトル町田直54
⑧ダンシングクライ吉留孝54

⑥ワールドバトルはスマイルマハロには勝ってますからね。⑧ダンシングクライは800の新馬同着勝ちから、この相手でどんな走りをするか全く未知。

危険な人気馬

⑦チハヤ森泰斗54
 

新馬勝ちで、前走を度外視すればそこそこやれそうですが、前走も自分の時計は詰めているだけに、あれ以上の上積みは小さいかも。人気の割りにポリゴンウェイヴ以外とは対して差はないでしょう。

苦戦必至

①スマイルマハロ見越彬54
②タカイチスイート矢野貴54
③ソーヴキプ山口達54

逃げ・先行候補

  • ④ポリゴンウェイヴ
  • ②タカイチスイート
  • ⑤ニッショウミライ

左海④ポリゴンウェイヴのダッシュ力が抜けていそう。その他の馬は下手についていくと、付きバテになる可能性が高くなるかも。

見解

思考停止で④ポリゴンウェイヴに二重丸。フレッシュからハナを譲ったことがない道営の快速馬。勝ち星こそ初戦だけですが、その後はウィナーズチャレンジや重賞ばかりで、すべて馬券内に残っているのは能力の高さ。前走も1700で現在4戦4勝のベルビット相手にも抵抗しましたし、その前もコルドゥアンのビックリ追い込み単勝3万があったレースでハイペースを演出。それでも3着に粘る好内容。今回は南関移籍初戦ですが、相手関係から負けられないと思います。

問題は相手。ここはポリゴンウェイヴを追いかけてみんな止まったところの差しに期待して、⑥ワールドバトルを指名したいです。初戦はスタートでつまずいて不完全燃焼でしたが、前走はインを捌いてなかなかセンスのある勝ち方。距離が延びて良さそうですし、上がり3Fの能力ならこのメンバーでは一番かも。町田が前走と同じようなイメージで乗ってくれれば。

馬連・ワイドで④ポリゴンウェイヴ⑥ワールドバトルの1点。ポリゴンウェイヴがレーザービームのようなスピードで他の先行勢をねじ伏せるところを見たいです。

馬連・ワイド ④-⑥

三連複 ①④⑥

勝負度 ★★☆☆☆