2022 スパーキングレディーカップ(川崎)予想→ショウナンナデシコVSサルサディオーネ3度目の対決、逆転も可能☆

地方競馬

スパーキングレディーカップ(G3・牝馬・指定交流・1着賞金2500万円) 7月6日 川崎 ダート1600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

⑩ショウナンナデシコ(JRA)吉田隼58

重賞3連勝で、牡馬相手のG1・かしわ記念勝ち。58キロでも主役ではありますね。

嵌まれば一発

⑧レディバグ(JRA)戸崎圭55

前走でオープン勝ち。ベストは1ターンの1400のような気がしますが、上位人気馬との斤量差を生かしたいところ。

安定・堅実型

①サルサディオーネ矢野貴58

8歳にしてさきたま杯制覇。もう拍手しかありません。このレースも昨年勝ってますし、58キロでも最内から一気の逃げは脅威。

展開次第で複勝圏

②グランパラディーゾ御神訓55
④レーヌブランシュ(JRA)松山弘57
⑤アールロッソ町田直55
⑨キムケンドリーム(JRA)笹川翼55

JRA3勝クラスから移籍初戦の②グランパラディーゾはまだ伸びしろのあるサンデーRの4歳馬。川崎マイルはまったくの未知数でお試し感もありますが、逆にそれが魅力。④レーヌブランシュは安定していますが、このところショウナンやサルサには負けてますからね。ワンパンチ足りないのは確か。⑤アールロッソは前走アマネラクーンに負けましたが、前々走でしらさぎ賞勝ち。今回はダートグレードですし、距離もカギですね。⑨キムケンドリームは前走芝のマーメイドSで力を出せず。ムラですが、川崎ダートが合えば。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

③クレールアドレ(笠松)松本剛52
⑥グレートコマンダー(愛知)野畑凌55
⑦ハピネスマインド本田重55

無事に回って来れば。

逃げ・先行候補

  • ①サルサディオーネ
  • ⑩ショウナンナデシコ

①サルサディオーネを⑩ショウナンナデシコがどこまで追いかけるか、追いかけられるかがすべて。

見解

エンプレス杯・マリーンカップと1、2着だった⑩ショウナンナデシコ①サルサディオーネの今年3度目の対決。マリーンカップの8馬身差を見ると逆転は難しそうに見えますが、今回は58キロで同斤になりますからね。さらにマリーンカップの船橋はかなりのパワー馬場で、スタミナで上回るショウナンに有利な馬場。川崎ならもう少しやれるかも。そして何より、ショウナン陣営がどこまでこのレースに賭けて来ているかが謎。かしわ記念まで勝った馬ですし、ここはあくまで通過点なのではないかと思ったり。スキがあるとすればこの辺でしょう。

三連単フォーメーションで、1着2着を①サルサディオーネ⑩ショウナンナデシコの裏表、3着に②グランパラディーゾ④レーヌブランシュ⑤アールロッソ⑧レディバグ⑨キムケンドリームへ流し。もちろん願いはサルサの逃げ切り。さきたま杯の強さを見れば押し切りも十分可能なはず。あとは3着に②グランパラディーゾ⑤アールロッソあたりの南関勢が頑張ってくれることを祈ります。

三連単フォーメーション ①⑩→①⑩→②④⑤⑧⑨

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました