2022 さきたま杯(浦和)予想→ここが本番、ティーズダンク◎ ルーチェドーロの差しも注意☆

地方競馬

さきたま杯(G2・1着賞金3500万円) 6月1日 浦和 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

交流重賞連勝中の園田・イグナイターの登録があったんですが残念ながら回避。とは言うものの南関勢もなかなか強力。面白くて難しいレース。

嵌まれば一発

⑥シャマル(JRA)川須56
⑪ルーチェドーロ御神訓56

⑥シャマルは東京スプリントが強かったですが、今回は初の4回コーナーの1400克服が最大のカギ。⑪ルーチェドーロはフジノウェーブ記念での強さを見ると1200より1400が合うのかも。チャンスはあります。

安定・堅実型

④ヘリオス(JRA)武豊56
⑤ティーズダンク和田譲56

④ヘリオスは根岸S・2着の後、黒船賞・かきつばた記念でイグナイターに連敗。イグ不在のここは、いい加減すかっと決めたいところ。ただ今回の相手もなかなかですし、勝ちきれるかどうか。⑤ティーズダンクは昨年同じコースのオーバルスプリントでテイエムサウスダンの2着。ここはホームグラウンドですし、春の大目標レースなはず。

展開次第で複勝圏

⑦エアスピネル(JRA)デムーロ56
⑧サクセスエナジー(JRA)松山57
⑩サルサディオーネ矢野貴55

⑦エアスピネルは昨年2着。決め手不足ではありますが条件は合いそう。⑧サクセスエナジーは浦和1400で2勝。ただ勝った当時に比べると今は迫力不足ではあります。⑩サルサディオーネは8歳にして初の1400&浦和。力は認めるところで、この距離短縮がどちらに出るか。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①マイネルサーパス秋元耕56
②ウインハイラント(愛知)加藤聡56
③バーナードループ福原杏57
⑨グレートコマンダー(愛知)藤本現54
 

③バーナードループは古馬になってからはさっぱりですからね。移籍初戦で、まずは様子見が賢明でしょう。

逃げ・先行候補

  • ⑩サルサディオーネ
  • ④ヘリオス
  • ⑥シャマル

⑩サルサディオーネがおそらく激しいアクションで何が何でも逃げを狙いに行くはず。④ヘリオス⑥シャマルがどうするか。シャマルは控えそうですが、ヘリオスはスタート次第で1コーナーを取る可能性も十分。

見解

昨年のオーバルスプリントでテイエムサウスダンの2着だった浦和・⑤ティーズダンク。おそらく春はこのレースが本番でしょうし、意気込みと安定感を買ってまずは軸に。浦和1400は3.1.0.0と得意。ホームコースですし条件は有利です。オーバルの時より斤量が増えますが、この馬自身58キロを背負い慣れてますからね。56キロならまったく心配なし。周りが④ヘリオス⑥シャマルで、自分より内枠の馬たちは行き脚がないですから、ここはラチ沿いの2列目3列目でロスなく走れそう。JRA相手でも信頼します。

⑤ティーズダンクの単勝を軽くと、馬連・三連複で⑤ティーズダンクから④ヘリオス⑥シャマル⑦エアスピネル⑧サクセスエナジー⑩サルサディオーネ⑪ルーチェドーロへ流して高目狙い。④ヘリオスも強そうでそう簡単には飛ばないと思いますが、浦和もクセのあるコースですからね。1400適性がありそうな川崎・⑪ルーチェドーロのまくりも期待したいところ。この2頭からの組み合わせは少し厚めに買ってみます。

単勝 ⑤

馬連・三連複1頭軸流し ⑤-⑪④⑥⑦⑧⑩

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました