2021 勝島王冠(大井)予想→大井1800でトランセンデンス・フィアットルクス見直し☆

地方競馬

勝島王冠(1着賞金2200万円) 12月8日 大井 ダート1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

なかなか混戦メンバー。どこからでも入れますね。

嵌まれば一発

②セイカメテオポリス矢野貴55
⑤コズミックフォース御神訓57
⑦リッカルド石崎駿57
⑬マンガン町田直58
⑭ゴールドホイヤー山崎誠57

②セイカメテオポリスは戸塚記念を勝って、ダービーグランプリも3着。好調ですが、破壊力で言うと左回りの方がいいのかなという気もします。⑤コズミックフォースはワグネリアンのダービーで3着だった馬。南関東転厩後は鼻出血の大敗以外はすべて連対。重賞でも。⑦リッカルドは最近少頭数のオープン勝ちで3連勝していて評価が微妙でしたが、前走の内容を見ると力はまだまだ衰えてない模様。ここでも力は出してきそう。⑬マンガンは今年の春の金盃の圧勝から想像がつかない今の苦戦ぶり。馬のやる気次第。⑭ゴールドホイヤーは同じコースの羽田盃を昨年圧勝。あまりアテになるタイプではないですが、あっさりも十分あり得ますね。

安定・堅実型

①トランセンデンス森泰斗55
⑮フィアットルクス本橋孝57

①トランセンデンスの前走は不本意な競馬。斤量も有利ですし、今年の羽田盃勝ちの内容を見ればここでも台頭可能。⑮フィアットルクスも前走浦和遠征がアダとなりましたね。7戦7勝でブリリアントカップ勝ちの大井1800なら一変してきそう。

展開次第で複勝圏

③エルデュクラージュ本田重57
⑥アングライフェン松崎正57
⑩リコーワルサー真島大57
⑪ワークアンドラブ笹川翼57
⑫ノーブルサターン和田譲57
⑯デアフルーグ左海誠57

ヒモ穴タイプがズラリ。③エルデュクラージュ⑯デアフルーグの元JRA勢は怖いですし、⑩リコーワルサーも帰ってきましたからね。⑥アングライフェンの松崎もなんか気になります。⑪ワークアンドラブは力がありますし、⑫ノーブルサターンはブリリアントカップ2着で不気味。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

④サブノクロヒョウ藤本現57
⑧ブレスジャーニー山崎良57
⑨ドーヴァー東原悠57

成績的に手は出し辛いです。

逃げ・先行候補

  • ⑪ワークアンドラブ
  • ⑮フィアットルクス
  • ⑤コズミックフォース
  • ⑦リッカルド

⑪ワークアンドラブはここもやることはひとつ。⑮フィアットルクスは前走浦和の内枠でチグハグな競馬でしたが、大井でこの枠なら無理せず番手競馬が可能。前走同じレースで逃げてしまった①トランセンデンスですが、広い大井コースに変わってここは出たなりの競馬をしてくるはず。

見解

ここは大井1800の適性を重視。中でも①トランセンデンス⑮フィアットルクスをピックアップしたいですね。2頭とも前走浦和の埼玉新聞栄冠賞に出走しましたが、どちらも不完全燃焼で惨敗。ただトランセンデンスは内枠から逃げの手に出て失速、4角手前で不利もありました。フィアットルクスは初の浦和コースに戸惑った感じ。今回トランセンデンスは羽田盃勝ち、フィアットルクスはブリリアントカップ勝ちで過去に7戦7勝の大井1800が舞台。条件は大幅に良くなっていますし、トランセンデンスに関しては斤量3キロ減。ここは信頼して買っていきたいです。

馬連・ワイドで①トランセンデンス⑮フィアットルクスで勝負。あとは穴の三連複⑥アングライフェン⑫ノーブルサターン⑬マンガン⑯デアフルーグと言った人気薄に流してヒモ荒れ狙い。他の人気どころが崩れてくれれば、十分台頭も可能な馬たち。おまけで高配当が拾えればラッキー。密かに期待して見守ります。

馬連・ワイド ①-⑮

三連複2頭軸流し ①⑮-⑥⑫⑬⑯

勝負度 ★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました