2021 サファイア賞(盛岡)予想→2400戦で未知の要素多そう、最内有利なエムワンハルコ軸☆

2021 サファイア賞(盛岡)予想→2400戦で未知の要素多そう、最内有利なエムワンハルコ軸☆

サファイア賞(3歳・1着賞金250万円) 10月5日 盛岡 芝2400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

嵌まれば一発

②グランフォロミー鈴木祐56
④トーセンアレックス山本聡56
⑧キーチャンス南郷家56
⑩ラヴィエント高松亮54
⑪キヨラ高橋悠54

②グランフォロミーは金杯とダービーで2着。実績最上位ですが、近走不振なのと初芝が不安。嵌まれば一発もありそう。④トーセンアレックスは芝を求めての岩手移籍。前走は外を回されたので、オパールカップのようなレースができれば。⑧キーチャンスは芝で連勝。小さいながら回転の速いフットワーク。2400の距離が課題ですね。⑩ラヴィエントは中央未勝利突破寸前のところまでいきました。初戦でも注目。⑪キヨラは紫苑Sではさすがに通用しませんでしたが、あの経験が生きれば。

安定・堅実型

①エムワンハルコ関本淳54

はまなす賞で10番人気からマツリダスティールに快勝。その後も安定した成績。最内もレースはしやすいです。

展開次第で複勝圏

⑤フクノグラーティア菅原辰54
⑥ラズベリーラバー大坪慎54
⑨フェイトリッパー村上忍56
⑫ドラグ山本政54

⑤フクノグラーティアは本来ここでも勝負になりそうな馬なんですが、前走が期待はずれ。太めを叩かれてどこまで。その他の馬も展開次第というところ。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

③ネレイスフラッシュ七夕裕54
⑦フェアメーゲン小林凌54

なかなかいい部分をピックアップできないですね。ここでは辛そう。

逃げ・先行候補

  • ⑥ラズベリーラバー
  • ⑨フェイトリッパー

一応2頭並べましたが、どちらも何がなんでも逃げたい馬ではないですからね。誰かが主張したら譲るはず。内枠の馬が好スタートでも切ったら逃げるかもしれないですし、展開は非常に読みにくいです。

見解

あまり手合わせのないメンバーで、しかも2400。謎めいた一戦ですが、中心はひとまず①エムワンハルコ。芝では安定していますし、前走キーチャンスに負けたものの後続には5馬身差。能力上位ですし、2400戦での最内枠はコースロスや折り合い面などなにかと有利。この馬中心で入ります。

相手は②グランフォロミー④トーセンアレックス⑧キーチャンス⑩ラヴィエント⑪キヨラあたりで決まるかなという予想。人気は⑧キーチャンスだと思うので、これが2400に手こずったりした時に配当的な妙味も出てきます。上記5頭に馬連・三連複で流し。期待したいのは②グランフォロミー。初芝で人気もないでしょうが、ダートの強敵と戦い続けてきましたし、中距離経験も豊富。2枠からすんなり先行でもできれば面白いと思うんですが。正直やってみないとわからない感じのレースです。

馬連・三連複流し ①-②④⑧⑩⑪

勝負度 ★☆☆☆☆