ニュージーランドトロフィー・2021・予想→レイパパレの弟・サトノブラーヴを応援◎ 各馬一長一短の難解なレース

ニュージーランドトロフィー・2021・予想→レイパパレの弟・サトノブラーヴを応援◎ 各馬一長一短の難解なレース

ニュージーランドトロフィー(G2・3歳) 4月10日 中山 芝1600米

枠順・出走馬の戦力仕分け

仕分け馬名・騎手・斤量条件攻撃短評
1…苦戦必至トーセンウォーリア 武藤  56.0芝では食らいつくのが精一杯
2△複勝圏内シティレインボー 横山典  56.0決め手欠くが立ち回りひとつ
3▲嵌まれば一発アヴェラーレ ルメール  54.0前走着差以上の強さ
4△複勝圏内ワザモノ 黛  56.0中山マイルは自信あり
5△複勝圏内ヴィジュネル 内田  56.0パンチ不足も馬券圏内なら
6○安定型バスラットレオン 藤岡佑  56.0前走恵まれたが取り口安定
7▲嵌まれば一発サトノブラーヴ 石橋  56.0初中山重賞厳しいが良血
8…苦戦必至ワーズワース 北村  56.0初芝、ズブさ感じる内容で
9▲嵌まれば一発ドゥラモンド 横山武 56.0中山マイルなら変わっても
10…苦戦必至ゴールドチャリス 田中勝  54.0成長力乏しく坂も不安
11△複勝圏内ゲンパチミーティア 木幡巧  56.0強気に先手なら流れ次第で
12…苦戦必至ロンギングバース 横山和  56.0悪くないがインパクトも欠いて
13△複勝圏内ブルーシンフォニー 丸山  56.0どうしても差し遅れる
14△複勝圏内スパークル 岩田望  54.0崩れず、最後の決め手次第
15▲嵌まれば一発タイムトゥヘヴン デムーロ  56.0血統的には完全にマイラーだが
16△複勝圏内シュバルツカイザー 石川  56.0連勝も辛勝、コース適性でどこまで

逃げ・先行馬・ペース予想

  • ⑥バスラットレオン
  • ⑪ゲンパチミーティア
  • ⑮タイムトゥヘヴン

逃げ・先行ならこの3頭。流れは読めないですね。緩むことはないですが、強気な木幡が強引にハナでも奪えばペースは緩まないかも。タイムトゥヘヴンもためていい馬ではないですし、距離延長なのである程度出していくはずですからね。平均か、それ以上の流れかなと思ってます。

見解

2戦2勝・母がアルビアーノでルメール騎乗の③アヴェラーノが人気かなと思いますが、初の中山でこの枠だともまれこむ危険性もあり。ストレスのかかるレースになると不安。⑮タイムトゥヘヴンもどうなんでしょう。決め手があるタイプでもないだけにマイルは半信半疑。例年通り、今年も難しいレースになりそうですね。

ここはリスクを承知で、未勝利勝ちから直行のレイパパレの弟・⑦サトノブラーヴの差しきりに期待。姉・レイパパレと違って芦毛、母・シェルズレイとクロフネの影響を強く受けていそうな体。切れよりも持久力タイプですが、ここは他の馬もそれほど切れるタイプが見当たらず。東京向きの感じもしますが、中山外回りなら克服可能。あとは前がやりあって内がごちゃごちゃしてくれれば。2戦目の変わり身にも期待。

⑦サトノブラーヴの単勝・複勝。そして馬連で②シティレインボー③アヴェラーノ⑥バスラットレオン⑨ドゥラモンド⑪ゲンパチミーティア⑬ブルーシンフォニー⑮タイムトゥヘヴン⑯シュバルツカイザーといったところへ流しかなというですが、気持ち的にはどの馬も一長一短なので、ここは単複だけ買ってどんと見守りたい心境です。

単勝・複勝 ⑦

馬連流し ⑦-②③⑥⑨⑪⑬⑮⑯

勝負度 ★☆☆☆☆