2020 東京 天皇賞・秋 予想 フィエールマン、東京2000でも◎ 

2020 東京 天皇賞・秋 予想 フィエールマン、東京2000でも◎ 

アーモンドアイ、8冠と5歳牝馬の壁超えられるか

天皇賞・秋(G1・3歳以上) 11月1日 東京 芝2000米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

⑦クロノジェネシス北村友56前走嵌まった感じも力上位
⑨アーモンドアイルメール56G1・8勝へ自分との戦い

安定型

⑥フィエールマン福永58東京2000嵌まれば勝負になる

展開次第で複勝圏

①ブラストワンピース池添58精彩を欠く現状だが
⑧キセキ武豊58スタート次第で展開変わる
⑪ダノンプレミアム川田58初ブリンカー効果どう出る

危険な人気馬

④ダノンキングリー戸崎58ベストは1800のイメージ

苦戦必至

②カデナ田辺58いい脚あるがここでは
③ダイワキャグニー内田博58東京1800ベスト58キロ不安
⑤ウインブライト松岡584回コーナーの2000でないと
⑩スカーレットカラー岩田康56瞬発力あるが上位と力差あり
⑫ジナンボーデムーロ58決め手不足善戦できれば

見解

頭数も少なく、落ち着いた印象の今年の天皇賞・秋。その中でも注目点は、G1・7勝を挙げている女王・⑨アーモンドアイ。昨年楽勝の舞台で前人未到の8勝なるかというところですが、これまでどの馬も達成できなかった記録ですし、しかも通常なら下降期に入る5歳の牝馬。過去にウォッカ・ブエナビスタ・ジェンティルドンナという名牝も5歳時には敗れていますし、さすがの⑨アーモンドアイでも簡単な壁ではないはず。

となると、打倒⑨アーモンドアイを探したいところですが、どの馬も一長一短。その中で私が一番注目している馬は春の天皇賞馬・⑥フィエールマン。G1・3勝ですが、すべて3000超えの長距離。スピードが要求される天皇賞・秋では不安がありそうですが、そもそも私はこの馬がステイヤーだとは思っていなくて、ズブくて折り合いがつくタイプだから長距離戦と相性がいいだけかなと見ています。3歳の夏のラジオNIKKEI賞で見せた末脚が忘れられず、あの脚を東京2000で使えたら勝負にならないかと思いました。ここは配当的にも魅力、中心にしてみたいです。

⑨アーモンドアイが普通に勝ってしまったらお手上げです。ひねくれて⑥フィエールマンから馬単マルチ流しでいきます。相手は内から①ブラストワンピース④ダノンキングリー⑦クロノジェネシス⑧キセキ⑨アーモンドアイ⑪ダノンプレミアムへ。宝塚記念圧勝の⑦クロノジェネシスですが、やはり2200巧者という印象。崩れないでしょうが、パンパンの良馬場では他の馬とのアドバンテージは小さくなりますね。⑧キセキも相変わらずのキセキっぷりですが、歯車が噛み合うとしぶとい馬。少しでもヒモ荒れ期待。

馬単マルチ流し ⑥⇄①④⑦⑧⑨⑪

勝負度 ★★★☆☆