2020 京都 京都大賞典 予想 本気度でステイフーリッシュ◎ 大穴ミスマンマミーア☆

2020 京都 京都大賞典 予想 本気度でステイフーリッシュ◎ 大穴ミスマンマミーア☆

キングオブコージ、母父ガリレオが嵌まるか?

京都大賞典 10月11日 芝2400米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

①ダンビュライト松若56昨年2着自分の形なら
⑬グローリーヴェイズ川田58アテにならぬがコース相性良い
⑮パフォーマプロミス福永56まだまだ能力維持
⑰キングオブコージ横山典574連勝も3キロ増と道悪で

安定型

⑥ステイフーリッシュ藤岡佑56意欲の中1週ここ勝負

展開次第で複勝圏

③シルヴァンシャー北村友56使いこめぬが昨年3着
④タイセイトレイル川須56一歩足りないが安定
⑤ノーブルマーズ高倉稜56忘れた頃に馬券絡みも
⑪バイオスパーク和田56折り合ってすんなりなら
⑫ドゥオーモ藤岡康56上がりかかる展開なら
⑭アイスバブル幸56距離延長でどこまで
⑯ミスマンマミーア池添54距離と道悪で一発狙う

危険な人気馬

②キセキ浜中57実績上位もテン乗りで

苦戦必至

⑦リッジマン古川吉56休み明け目標は年末か
⑧カセドラルベル松山弘54牡馬相手のG2では苦しい
⑨モンドインテロ嶋田57まずは試運転の一戦
⑩アルバート岩田康56長期休養明けでは厳しい

見解

台風の影響で道悪想定。日曜は天気も回復しますが、やや重までいくかどうか。重あたりかなと思ってます。開幕週でもありますし、時々ある田んぼのような京都の道悪にはならなそう。

メンバーを見て、実績No.1なのはやはり②キセキ。宝塚記念2着、道悪は宝塚以外に極悪馬場の菊花賞をも勝っていますし不安なし。通常ならまずはこの馬からという発想になりますが、今回はテン乗りの浜中騎乗。気性的に難易度の高い馬ですし、時々スタート大失敗もある馬。危険な面は常にある馬ですよね。

ということで悩みましたが、中心は⑥ステイフーリッシュ。オールカマーから意欲の中一週。ここは狙ってきた感じですね。休み明けの前走もしぶといレースぶり。時計のかかるレースは合いそうですし、勝ちきるまでは難しいかもしれませんが、本気度を評価したいです。

相手は勢いを買って⑰キングオブコージ。前走目黒記念がハンデ戦で54キロ、今回別定の57キロになるのが不安ですが、母父がガリレオなのでパワーもありそう。その他の有力馬も休み明けで不安はありますし、ここは血統に賭けてみます。

馬連・ワイドで⑥ステイフーリッシュ⑰キングオブコージが本線。そしてもう一頭気になるのが⑯ミスマンマミーア。春に同じ舞台の準オープンでイン差しを炸裂させて勝っていますし、前走も脚を余しての競馬。時計がかかる馬場も得意、4コーナーで射程圏に入っていればまさかの一発もありそう。押さえで⑯ミスマンマミーアから⑥ステイフーリッシュ⑰キングオブコージへの馬連・ワイド流し、そしてこの3頭の三連複も軽く買ってみます。

馬連・ワイド ⑥-⑰

馬連・ワイド流し ⑯-⑥⑰

三連複 ⑥⑯⑰

勝負度 ★★★☆☆