2020 園田 兵庫サマークイーン賞 予想・買い目 南関勢・クレイジー&アッキーがリード◎○ ジェッシージェニーはやや不安。

2020 園田 兵庫サマークイーン賞 予想・買い目 南関勢・クレイジー&アッキーがリード◎○ ジェッシージェニーはやや不安。

7月24日 園田 兵庫サマークイーン賞 1700米

金曜の園田はグランダムジャパンの一戦、兵庫サマークイーン賞が行われます。シリーズのレースですから、他地区からの遠征馬が多数。地元馬ではなかなか厳しいレースかもしれません。今年も南関勢3頭が中心になりそうです。メンバーをチェックしていきましょう。

【勝ち負け】

1クレイジーアクセル
昨年クイーン賞でJRA勢は撃破した快速馬が園田初参戦。内枠からポンと出れば力は断然でしょう。

【嵌れば一発】

なし
一応⑪ジェッシージェニーをここに入れようかと思ったのですが、別枠にしました。その他の馬で勝ちきるとなると、南関東勢相手ではなかなか厳しいものがあります。

【安定型】

6アッキー
六甲盃で兵庫の王者・タガノゴールドの3連覇を阻止。再びの園田遠征。前走は好発から単騎逃げでしたが、ここはクレイジーアクセル相手にどう立ち回るかですね。

【展開次第で複勝圏】

2ガレットショコラ4エイシンセラード
5ヴィクトアリー8クイントゥープル
9エイシンテースティ10ステップシュート
南関東勢が崩れないと、なかなか馬券圏内は難しいかもしれませんが、能力なら中央3勝している④エイシンセラードが園田2戦目で復調気配もあり、どこまでやれるかですね。ぐちゃぐちゃの不良馬場なら⑧クイントゥープルなんですがね。

【危険な人気馬】

11ジェッシージェニー
昨年、今年とグランダム重賞を3勝。小回り向きの末脚が武器で3番人気になりそうですが、今回は距離の1700がカギ。クレイジーアクセル、アッキーには南関東の成績で劣るだけに、若武者・藤田がどう乗るかですね。

【苦戦必至】

3カリテスグレース7ガロ
12チャービル
さすがにこのメンバーに入ると掲示板まででしょうか。

見解

やはり①クレイジーアクセルの実績は断然。昨年はグランダムジャパンの女王に輝き、暮れにはクイーン賞勝ち。今年に入って反動からかダートグレードで2度大敗しましたが、休養を挟んだ前走で番手競馬で3着。牡馬相手の57キロでしたし価値があります。今回唯一の不安は初の園田向正面スタートでの出遅れくらいでしょうか。叩いた上積みを考えれば最有力なのは間違いないでしょう。

⑥アッキーも崩れる可能性は低いです。少し距離は短いですが、テンに速い馬なので問題ないでしょう。内の④エイシンセラードの出方次第で2番手になるか3番手になるかですが、どちらにしろいい位置でレースはできそう。相手もこの馬でしょうね。

⑪ジェッシージェニーは前述のように、1700という距離が不安。もし早々に隊列が決まって、淡々とした競馬になれば前の馬を捉えきれない可能性もあります。ハイペースの1400あたりで器用さを生かして差すタイプなので、人気になるようなら押さえ程度にして、他の馬で良い配当を狙っていきたいですね。

買い方が難しいですが、三連単で1着①クレイジーアクセル2着⑥アッキーから買っても、それほどの配当にならなそうなので、ここは大人しく三連複2頭軸でヒモ荒れを期待します。⑪ジェッシージェニーはあくまで元取り狙い、期待したいのは②ガレットショコラ④エイシンセラード⑤ヴィクトアリー②ガレットショコラは前走1230で出遅れなので参考外。平均的な脚を使うタイプで、意外と1700は合うかも。強敵相手ですが、先行する南関勢に内からついていって、そのままなだれ込みに期待。ナイターの長谷部も魅力。④エイシンセラードは前走移籍初戦でナリタミニスター相手にまずまず。能力は通用するので、すんなりと流れに乗れれば。笠松の⑤ヴィクトアリーはジリ脚ですが、いい枠なのでうまく立ち回れば。

あとはもし田んぼ馬場になったら、全く人気がないであろう⑧クイントゥープルを遊びで。いつか大爆発を、と思って毎回買っているんですけどね。一応雨予報なのでたくさん降ってほしいところ。

三連複2頭軸流し ①⑥-②④⑤⑪⑧

勝負度 ★★☆☆☆