2020 大井 ブリリアントカップ 仕分け予想 叩き2戦目、ラチ沿いすいすい逃げてワークアンドラブ◎

2020 大井 ブリリアントカップ 仕分け予想 叩き2戦目、ラチ沿いすいすい逃げてワークアンドラブ◎

火曜の大井は古馬重賞・ブリリアントカップが行われます。大井記念へのステップレースですが、今年はとんでもないメンバーが揃ってしまいました。本当に無観客競馬なのがもったいない一戦、特に注目なのは門別の3冠馬・リンゾウチャネル。果たして南関東一線級相手にどこまで通用するでしょうか。その他のメンバーも含めて、仕分けでチェックしていきたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

ハイレベルな一戦。一応川崎記念2着の⑫ヒカリオーソが有力かと思いますが、地元川崎から大井に舞台が変わりますし、絶対ではありません。

 

【嵌まれば一発】①サウンドトゥルー⑨ワークアンドラブ⑫ヒカリオーソ

①サウンドトゥルーはダイオライト記念で3着。南関東限定戦なら当然上位ですが、最内枠が気になるところ。道中いかにリズムよく走れるかで切れ味が変わってくるだけに、あとは流れひとつ。⑨ワークアンドラブは今年初戦の金盃で失速しましたが、叩いて変わり身がありそう。58キロが心配ですが、自分の形に持ち込んだ時の強さはマイルグランプリで証明済み。⑫ヒカリオーソはおそらく1番人気になるでしょうね。強い馬ですが、問題どういうレースをするか。場合によっては最後甘くなって足元を掬われる可能性もあります。

 

【安定型】⑤タービランス⑭ノンコノユメ

⑤タービランスは常に相手なりに走る馬。2017年の東京大賞典以来、馬券圏内から外れていないのは見事。勝ちきるまではわかりませんが、上位には必ず入ってきそう。⑭ノンコノユメのフェブラリーSは切れ負け。今のこの馬には大井の1800~2000くらいがベストなのかも。なかなか崩れる場面を想像し辛い馬です。

 

【展開次第で複勝圏】②ゴールデンブレイヴ④マイネルバサラ⑦オールブラッシュ⑧リンゾウチャネル⑩マルカンセンサー⑮ストライクイーグル

高知→大井と2連勝の②ゴールデンブレイヴ。中央オープンでそこそこなだけに、ここでも気になる存在ですが、最後の決め手比べで一歩劣るかも。他の馬より2キロ軽い55キロは有利です。④マイネルバサラ⑦オールブラッシュ⑮ストライクイーグルの実績馬たちは、うまく立ち回れば複穴候補。⑩マルカンセンサーは昨年TCK女王盃で2着があり、大井1800は得意。叩き2戦目で上積みもあり注意。そして⑧リンゾウチャネルですが、ベストはマイルな気がしますし、休み明けで大井も初。おまけにここまで相手が揃うとさすがに厳しそうですが、素質でどこまでと言うところ。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】③サノサマー⑥サブノクロヒョウ⑪バンズーム⑬ヒガシウィルウィン⑯ウマノジョー

ここでは⑬ヒガシウィルウィンの成績が圧倒的ですが、最近は本当にズブくなってしまいました。入着程度には来そうですが、馬券圏内となると疑問です。

 

まとめ

非常に予想に迷うレース。ここは思い切った予想でいきたいです。展開と最近の大井の馬場を考えて、本命は⑨ワークアンドラブで。

 

前走は休み明けでシュテルングランツの番手で先行しましたが、4コーナーあたりでサウンドトゥルーに一気に来られて戦意喪失と言ったところ。今回は他に逃げ馬もいませんし、単騎逃げが有望。マイル重賞を勝っているこの馬にとって、距離短縮は大きな味方。最近の大井は内伸びですし、ラチ沿いをすいすいと逃げてくれれば、そのまま行ってしまわないかなと思いました。ここは◎を打って応援したいと思います。

 

⑨ワークアンドラブから単勝と馬連流し。相手は①サウンドトゥルー②ゴールデンブレイヴ⑤タービランス⑧リンゾウチャネル⑩マルカンセンサー⑫ヒカリオーソ⑭ノンコノユメ⑮ストライクイーグルへ。おそらく人気は真ん中あたりでしょうから、なかなかの配当が期待できそうです。複勝がつくようなら複勝も少し押さえたいですね。相手で怖いのは、内を割って伸びてきそうな②ゴールデンブレイヴ⑤タービランス⑩マルカンセンサーあたり。⑧リンゾウチャネルも好位すんなりの展開なら残り目もありそう。ともあれ、楽しみなレースです。

 

単勝 ⑨

馬連流し ⑨-①②⑤⑧⑩⑫⑭⑮

勝負度 ★★☆☆☆