2019 川崎 関東オークス いっそ未知の魅力でリトミックグルーヴから。

2019 川崎 関東オークス いっそ未知の魅力でリトミックグルーヴから。

水曜川崎は関東オークス。南関東牝馬3冠の最終戦であり、ダートグレードであり、グランダムジャパンの最終戦でもあるレース。川崎ダート2100という過酷でトリッキーなコースであるため、毎年本命馬が派手に飛んだり、伏兵が台頭したりと、なかなか狙いを定めにくいレースですね。

 

昨年は未勝利を1つ勝っただけだったハービンマオが距離経験にものを言わせてハイペースを差し切り。地元のゴールドパテックは最後に差されて悔しい2着。ただ逃げたクレイジーアクセルも3着に入りまして、2・3着に南関東勢が入る健闘を見せました。今年も頑張ってほしいところですが、今年のJRA勢は昨年よりも少しレベルが高いかなと思います。九州産限定戦での勝利しかない⑧エリーバラードはだいぶ力が落ちますが、その他の3頭はどれも2勝or3勝馬。地方馬にとっては高い壁となりそう。(出馬表はこちら)

 

そんな中で私は、思い切って③リトミックグルーヴを本命にいたしました。まだキャリアは4戦ですが、前走の東京プリンセス賞の内容にとても魅力を感じました。2ヶ月ぶりのレースでプラス11キロでしたが、序盤から積極的に有力どころにくらいつき、一旦は離されたものの、最後また直線で外から伸びてきての3着。1戦ごとに力を付けてきています。前走のしぶといレースぶりから、距離延長もプラスに働くかも。キャロットで外厩で吉原と言う組み合わせも不気味。

 

ライバルとなりそうな、⑨ローザノワール⑬マドラスチェック⑭ラインカリーナのJRA勢3頭ですが、この3頭で気になるのは先行争い。どの馬も前に行きたいタイプで、おまけに全部外枠ですから、スタート直後の先行争いでかなり消耗する可能性があります。初ナイターも未知。一方地方勢では、やはり①アークヴィグラス⑥トーセンガーネットの東京プリンセス賞の1、2着馬が有力。ただこの2頭とも距離が伸びて良さそうな感じはしませんし、それなら上昇度と距離延長で③リトミックグルーヴの逆転もあるかなと思いました。

 

③リトミックグルーヴ以外のこの5頭のうち、3頭がもたもたしたレースをしてくれれば③リトミックグルーヴが馬券内に入ってくるはず。できるだけ乱戦を期待して◎を打ってみます。三連複1頭軸流しで買います。そしてもう一頭、ヒモ穴で④ゼットパッションを最後に追加したいです。前走は大井1800で外枠から積極的に行ってバテましたが、今回は地元川崎で内枠を引きました。昨年好走の山崎鞍上ですし、穴で買いたいです。

 

目次

まとめ

三連複1頭軸流し ③-①⑥⑨⑬⑭④

勝負度 ★★★☆☆